ナレッジサロン会員「実はわたし…」レポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

ナレッジサロン会員「実はわたし…」レポート

テーマ:
実はわたし…“解放”という言葉を大事にしています

中村 菜津子 さま 株式会社 よくなる 代表取締役

「よくなる」は、簡単にご紹介すれば、組織や会社がよくなるためにはどんな課題があるのかを見つけ、その土壌改善に効率よくアプローチしていく組織開発の会社です。
私は20年にわたり、人材育成の講師や心理カウンセラーとして企業や子育て中の女性など、多くの方の悩みに向き合ってきました。そして、共同代表である櫻井直子と一緒に、ナレッジキャピタルに事務所を移し、会社組織としてスタートさせて今年で2年になります。彼女は、心理コミュニケーションを通しての成果にこだわった仕事をしており、それぞれの特性を活かして以前から共に仕事をする機会もあり、会社や組織を良くなるようにしたいという思いが同じでした。

ナレッジキャピタルでは、多くの人に出会えますし、人々の熱気がすぐ隣に感じられていいです。実は、「よくなる」の社名もブランディングをされている方にナレッジキャピタルで出会い、ご相談して生まれました。初めてご挨拶した方にも『一度聞いたら忘れない』社名だと言っていただく機会が多くあって、気に入っています。

私たちの仕事は、具体的には『社員のモチベーションをあげたい』『各自がもっと自主的に行動して欲しい』『メンバーの会話をスムーズにしたい』『ジェネレーションギャップにどう対応していいかわからない』といった課題やご要望に応えるかたちで、トップの経営者の方をはじめ、人事ご担当者や個々の社員の方にアプローチしていきます。不満や愚痴が言える環境も大事にしています。それは期待への裏返しとも言える宝物です。
コーチングという対話による心理学の手法を主に用いますが、それをしていく中で、ご本人がはっと気づき、言葉として発せられる瞬間があります。気づきの言葉とは、答えがあってアプローチするものではありませんので、ご本人が気づかれて目が煌きだす瞬間を共有できるのは、この仕事をしている中での最大の喜びです。
『こうすればよくなる』とか『こうしていこう』といった気づきの言葉は、そのまま共通認識のビジョンとなり得ます。

お仕事をさせていただく会社の規模は問いません。コンサルティングや研修だけでは、どうもうまくいかないというお悩みを持つ企業さまが対象です。分社化されるなど大手の組織から切り離され、変革を迫られている会社からのオファーもあります。
ストレスチェック制度の義務化などもあり、各企業さまも社員が心身ともにイキイキと働ける健康経営を考えていらっしゃいます。諦めの境地で『この会社では、何も変わらないよね』ではなく、組織でよくなるようにこれを機に考えていって頂ければと思います。

私自身がキーワードとしているのは、“解放”ということ。圧力や思い込みから解放され楽になる事により可能性が広がった経験から、この言葉を大事にしています。
親や上司など他者によってもたらされる過度の期待からの解放、自分の思い込みからの解放など、一口に“解放”と言っても人それぞれ異なります。何から解放されたら楽になれるのかそれを見つけるお手伝いができればうれしいです。
趣味は、クラシック音楽のコンサートに行ったり、歌舞伎を鑑賞したりする事です。これも、私の“解放”のひとつでしょうか、このような異空間に触れているとリラックスできます。極めている人のストイックな精神というのか心構えのようなもの、そこに至るその方の歴史などに思いを巡らせて、感動します。解放されると楽になり可能性が広がるとエネルギーが高まり、人も組織も自発的に前に進み始めるのです。
今後も、自分が必要としている“解放”を、人にもアプローチしていきたいです。

サロン会員ご紹介

株式会社 よくなる 代表取締役
中村 菜津子 さま
インタビュー日:2016/2/5

※ 上記内容はインタビュー日時点での情報となります。
※ 予告なく変更・削除される場合がございます。予めご了承ください。

ナレッジサロン会員「実はわたし…」レポート

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP