「MIT」マサチューセッツ工科大学と日本の意外な関係 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
「MIT」マサチューセッツ工科大学と日本の意外な関係

開催日: 2016年6月23日

○活動の主旨、目的○

・MIT概要 ~今更聞けないマサチューセッツ工科大学って?~
・MISTIとは
・MIT-Jappan programとは
・MIT学生の声
に、ついてお話頂きました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

Christine Pilcavage (クリスティーン・ピルカベージ) 氏

マサチューセッツ工科大学
MISTI(MIT科学技術イニシアティブ)
MITジャパン・プログラム プログラム・マネージャー


日本生まれ、日本育ち。
カンボジア、フィリピン、ケニア、アメリカでの在住経験を持つ。

USAID、複数の日本の行政機関、日本の地方政府、JICA、WHOでの勤務経験を経て、現職に至る。

20年以上に渡り、政府、非政府、草の根組織の多様な国際的ステークホルダーに向けて、ビジネスプロセス、異文化適応能力、保健と教育の利用に関するベストプラクティスをアドバイスしてきました。

一般財団法人自治体国際化協会でJETプログラムにも従事。

書籍「Asia's role in governing global health」内のチャプター“Japan’s ODA in the Global Health Sector and Global Health Governance,”の著者でもある。

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに参加した感想は?
  • すごく面白いことをしているなと思いました。私のようにMITや他の様々な分野の人を招いて、関西の人たちに理解してもらえる木曜サロンのような場があるのは、とても良いですよね。
  • 今後サロンに期待することは?
  • もっと色々な人たちに認知してもらうことが必要だと思います。関西にナレッジサロンがあることは、知っている人は知っているかもしれませんが、例えば東京や海外で知られているのでしょうか?MITの向かいにケンブリッジ・イノベーション・センターがあるように、ここに来れば大きな資本がなくてもスタートアップできる環境があるということが広く知られるよう、もっと宣伝していただきたいです。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP