子供たちと職人をつなぐランドセル ~池田屋のランドセル作り~ 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
子供たちと職人をつなぐランドセル ~池田屋のランドセル作り~

開催日: 2017年1月19日

○活動の主旨、目的○

ほぼすべての日本人が背負った経験を持つという、日本人にとって特殊な商品“ランドセル”。親や祖父母からの「祝福の贈り物」として日本に定着したランドセルに情熱を注ぐ池田氏に、ランドセルの起源から現在の市場状況、製造工程、そしてランドセル作りを通じて考える子供たちの未来についてなど、子供たちと職人をつなぐ「池田屋ランドセル」についてたっぷりとお話し頂きました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

池田 浩之 氏 / 有限会社 池田屋カバン店 代表取締役

1952年生まれ 辰年 おうし座 血液型 A
日本大学芸術学部写真学科卒 1979池田屋入社 2015代表取締役就任。
池田屋2代目として入社以来37年間連続して前年売り上げを上回っている。(継続中)
現在実店舗5店舗+ネットショップ合計6店舗
振興組合 静岡呉服町名店街副理事長 呉服町第2地区再開発副理事長
呉服町名店街では商店街の活性化事業として、一店逸品事業を立上げ全国の商店街へ広げる。

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに参加した感想は?
  • 私は商店街などで活動をしていますので、商店主や同業の方々の集まりではよく話をします。今回は異業種の方々が多いので少し緊張しましたが、普段とは切り口の違う質問が出てくるので面白いと思いました。
  • 今後サロンに期待することは?
  • 現在、店長と社会事業担当スタッフがナレッジサロンの会員になっています。弊社では、「子ども思いの森」と名づけた活動で、子どもの生きる力を育む社会づくりをしようと頑張っており、その辺りのスキルアップをナレッジサロンには期待をしています。私自身は以前、出席した参画者こたつ会議で東京のマテリアルコレクションをご紹介いただいたので見に行きました。ものづくりには素材がとても重要ですので、大変参考になりました。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP