神戸の魅力を外国人の視点から外国人に発信 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
神戸の魅力を外国人の視点から外国人に発信

開催日: 2017年7月13日

○活動の主旨、目的○

「Kobe」は世界中で有名ですが、世界のみんなが知っているのは神戸市ではなく、神戸ビーフとバスケ選手のKobe Bryantではないでしょうか。でも一度神戸に来たら、神戸と恋に落ちる外国人がいっぱい。そういった神戸ファンと手を組んで、大好きな街「神戸」をPRしています。

今回の木曜サロンでは、外国人から見た日本・関西・神戸の魅力は何か、国内で国際都市として知られている神戸はどのような外国人向けのPRを行っているのか、開港150年という節目の年でもあり、盛り上がっている神戸をご紹介頂きました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

ルイーズ・デンディ氏 / 神戸市 市長室 広報課 広報専門官

【プロフィール】
英国ノーサンプトン市出身。バーミンガム大学でフランス語・スペイン語・日本語を勉強し、2009年~2010年までサンチアゴ・デ・コンポステラ大学(スペイン)、上智大学、ツール(フランス)に留学。大学卒業後、神戸市内の小・中学校で外国語指導助手(ALT)、神戸市役所国際課で国際交流員として勤務。
2015年4月から神戸の魅力や情報を外国人に発信する神戸市広報課広報専門官。
2017年4月から「JETプログラム同窓会JETAA (JET Alumni Association)西日本支部」支部長。

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに登壇した感想は?
  • 皆さんにじっくりお話を聞いていただけて、良かったと思います。なかなか大阪で「神戸の良さ」を発信する機会がありませんので、今日は神戸のPRができて本当に良かったです。
  • 今後サロンに期待することは?
  • 是非、色々なネットワークを広げていってほしいです。ナレッジサロンの良さは、ネットワークづくりができるところだと思います。普段このような交流の場に参加できない人たちもネットワークで繋がっていけるようにしていただければ良いと思います。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP