ナレッジサロン会員「実はわたし…」レポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

ナレッジサロン会員「実はわたし…」レポート

テーマ:
実はわたし…雷が怖いんです

船見 信道 さま 船見気象予報士事務所

普段から天気には敏感でなくてはいけないと思っていますし、気象予報士が雨にあたると恥ずかしいので、晴れていても折りたたみの傘は常に持ち歩いています。
気象予報士になる前は、マーケティング・リサーチの会社で、マーケティングやコンサルティングの仕事をしていました。20余年位前、農機具を売る会社から調査を依頼されていた折、天候不順により日本米の作況指数が低く、タイ米等外国から米を緊急輸入する事態になっていた頃で、農機具の販売も振るわなかったのです。このように天候によって市場が影響を受けることから、気象に興味を覚えました。さらに、マーケティングをする上からも、得意分野をつくれと上司に言われたこともあって、『気象を極めてみよう』と思った次第です。
また、趣味でヨットもしていたので、セーリングにも天気がわかった方が良いと思いました。
現在は、全国各地で防災意識を高める為のセミナーを開催しています。

好きな事は、食事をしている時や、人と話をしたりして繋がりを感じている時ですね。数年前から赤ワインが好きになって、ワイン好きな方とうんちくを語り合いながら飲んでいます。
ヨットは義兄の趣味で、誘われて始めてから30年になります。現在仲間と共有で30フィートのヨットに乗っています。帰港後にヨットで、仲間と楽しくワインを飲んでいるのが最高の時間ですね。また、ヨットのエンジンを切ると波の音しかしません。六甲山の山並みを海から眺めながら、風と波を切る音だけしないこの空間に、友人と一緒にいられることは、とても贅沢な時間だと思います。
ヨットで海に出ていると、急に海が荒れて、波が高くなってひっくりかえりそうになるなど、怖い思いもします。自然が相手なので、安全と危険は隣り合わせです。ある時なんかゴルフの打ちっぱなし場で、雷に遭いました。すぐ近くの鉄塔に落ちたみたいで、すごいエネルギーの衝撃と、一瞬のはずなのにまるでスローモーションのように、今まで聞いたことがないような『ピキピキ』という音を聞きました。以来、雷が怖いです。

ナレッジキャピタルには、2015年4月から会員です。木曜サロンは、プレゼンする様子も勉強になりますし、刺激になっています。メンバーの方のご紹介で、他の交流会にも参加させてもらうなど、人と会話するのが好きですから、そういう機会が増えてうれしいですし、併せて視野も広げさせてもらっています。

今後挑戦したい事を挙げるとすると、富士山登山。そしてヨットで四国一周することですね。
ナレッジキャピタルでは、セミナーで講演したいと思っています。気象情報は防災情報ですから、『気象庁のホームページを活用して、気象情報を個々に入手しましょう』と伝えたいです。気象庁のホームページでは、高解像度降水ナウキャストが無料で公開されています。誰でも閲覧できるので、その見方などを説明したいです。そして、ゴルフ場でも外出先でも、雷のような危険な目に遭わないように、自分の命は自分で守れるように気象情報を活用して欲しいと思っています。

サロン会員ご紹介

船見気象予報士事務所
船見 信道 さま
http://www.funami-k.jp/
インタビュー日:2016/6/22

※ 上記内容はインタビュー日時点での情報となります。
※ 予告なく変更・削除される場合がございます。予めご了承ください。

ナレッジサロン会員「実はわたし…」レポート

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP