“引き出す”教育 ~フレネ教育と箕面こどもの森学園の実践から~ 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
“引き出す”教育 ~フレネ教育と箕面こどもの森学園の実践から~

開催日: 2016年9月15日

○活動の主旨、目的○

藤田氏が箕面こどもの森学園の開校に向け、自分たちの教育理論を模索する中で出会ったフレネ教育。戦争によって肺を病み、“ほとんど声が出せない”という教育者として致命的とも思われる障害を負ったフレネが生み出した教育とは一体どのようなものかを、藤田氏の学園開校への思い、そして学園での教育の成果を混じえて伺いました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

藤田 美保 氏 (箕面こどもの森学園校長・教育イノベーター)

【プロフィール】
三重県尾鷲市生まれ。
立教大学文学部初等教育専攻卒業、小学校教諭となり、2001年大阪に新しい学校を創る会に出会う(2003年より理事)。
2003年大阪市立大学文学研究科教育学専攻課程修了。2004年からわくわく子ども学校常勤スタッフ、2009年から箕面こどもの森学園校長となる。
おるたね関西(多様な学びネットワーク)事務局、多様な学び保障法を実現する会運営委員となり、多様な学びを推進するための法案作りやネットワークづくり・実践研究に取り組む。

【講師・講演歴】
・「オルタナティブスクールについて」 大阪教育大学
・「学校教育を相対化する」 大阪市立大学教育学学会
・「夢をカタチに:学校づくりへの道」 大阪府立大学
・「フレネ教育と箕面こどもの森学園の実践」 フレネ教育関西研究集会
・「多様な教育機会確保法」 ROJE(日本教育再興連盟)

【著書】
『こんな学校あったらいいな ~小さな学校の大きな挑戦~』≪築地書館≫

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに参加した感想は?
  • まず、スタッフの人数がすごく多いなと思いました。そして、教育に関心を持っている方が多くて驚きました。こんなに多くの方が参加されるとは思っていませんでした。このような場に呼んでいただけて有り難い限りです。
  • 今後サロンに期待することは?
  • 木曜サロンは1週間に1回、開催されているのですね。それが凄いなと思いました。色々な方が様々なことを学べたり、交流できたりすることは良いなと思います。大変だとは思いますが、木曜サロンを続けていただけたら良いのではないかと思います。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP