五感と自然の力で旅する伝統航海術 ~星が教えてくれる道~ 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
五感と自然の力で旅する伝統航海術 ~星が教えてくれる道~

開催日: 2016年12月8日

○活動の主旨、目的○

海図やコンパスを使うことなく星や月、太陽の動きや波、風など、自然を読み航海するハワイの伝統航海カヌー<ホクレア>。
古代の智慧を、現代へと伝える<ホクレア>は、2007年、ハワイから太平洋を渡り、日本へ向けて航海しました。
星を読む伝統航海術や、航海を通じて生まれた数々の物語、また一度は完全に途絶えてしまった伝統をわずかな資料を基に現代に蘇らせたことで生まれた様々な“教え”について、日本人初クルーとして、ハワイ―日本航海に参加した内野氏に、実際の航海で撮影された写真をまじえながら、お話を伺いました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

内野 加奈子 氏 (土佐山アカデミー 理事)

慶応義塾大学SFC卒業後、ハワイ大学大学院にて海洋学を学ぶ。
ハワイ州立海洋研究所で、サンゴ礁のモニタリングに携わった後、日米の教育機関と連携して、自然をベースにした学びの場づくりに取り組む。
伝統航海術師マウ・ピアイルグ、ナイノア・トンプソンに師事し、海図やコンパスを使うことなく、星や波など自然を読み航海する伝統航海カヌー<ホクレア>の日本人初クルーとなる。

北西ハワイ諸島への航海など数多くの航海を経て、2007年、歴史的航海となったハワイ―日本航海に参加。
歴史的航海となったハワイ―日本航海をはじめ、数多くの航海に参加。
特定非営利活動法人『土佐山アカデミー』創立メンバー、現理事。
<海の学校>主宰。
著書である『ホクレア 星が教えてくれる道』は高校教科書に採録。

【書籍】
『ホクレア 星が教えてくれる道』小学館

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに参加した感想は?
  • とても温かい雰囲気の中でお話しさせていただいて、皆さんに話を引き出していただいたように感じます。皆さんが笑顔で聴いてくださったおかげで、伝えたいことを伝えられたと思います。
  • 今後サロンに期待することは?
  • 多様な方が集まるサロンは、出会いの場として貴重な存在だと思います。全く違うフィールドの方が色々なテーマで集まる場として、これからも活動していただきたいです。今後は、ここで出会って生まれたアイデアなどが具体的化されるのを見てみたいですね。ここで生まれたプロジェクトを見ることができれば、また次の方たちへのきっかけになりますから。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP