ARS ELECTRONICA in the KNOWLEDGE CAPITAL Vol.05|アクティビティ|ナレッジキャピタル

ARS ELECTRONICA
in the KNOWLEDGE CAPITAL Vol.05

FREE SOUND

空気のように流れていたかと思えば、どこかへ消えてしまう音。
人はそんな音を捕らえるために、音符やレコードなど様々な技法、メディアを発明してきました。

いつでもどこでも音を持ち歩いて楽しめる今、アーティストたちはどのように音と向き合っているのでしょうか。

「FREE SOUND 解き放たれるオト展」では、ベルリンを拠点に活動するサウンドアートのパイオニア、クリスティーナ・キュビッシュと、オープンリール式テープやブラウン管テレビなど今では使われなくなった装置を新しい音メディアに変換することで知られる和田永の作品をThe Lab.に展開します。

アルスエレクトロニカとは

オーストリア・リンツに拠点を置く、メディアアートの世界最高峰の機関。毎年9月にアート・テクノロジー・社会をテーマに行われる「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」の他、美術館・科学館としての「アルスエレクトロニカ・センター」、メディアアートの最先端コンペティションである「プリ・アルスエレクトロニカ」、R&D機関である「フューチャーラボ」の4部門があり、日本からも多くのアーティストが参加している。

Ars Electronica : http://www.aec.at/

photo: Nicolas Ferrando,Lois Lammerhuber

参加アーティスト

クリスティーナ・キュビッシュ

クリスティーナ・キュビッシュは、ベルリンを拠点に活動するサウンドアートのパイオニアで、音と視覚を組み合わせたインスタレーション、パフォーマンスで知られています。
特に、磁気誘導を用いた作品群は、目では見えない世界の体験化を可能にし、新しいサウンドスケープの世界を創造してきました。
Prix Ars Electronica サウンドアート部門の審査員を務めるなど国際的に活躍しています。
http://www.christinakubisch.de

クリスティーナ・キュビッシュ
クリスティーナ・キュビッシュ
展示作品
和田永

和田永は、新しい「音体験」を生み出すアーティスト。今では使われなくなった様々な古い音響機材、メディア機器をハックし、新しい楽器として再生。
Braun Tube Jazz Band、時折織成― 落下する記録―など、デジタルとアナログ感が交錯する新しい発明作品で知られ、いずれもアルスエレクトロニカ・フェスティバルにて紹介されています。
https://twitter.com/crab_feet
https://www.facebook.com/OpenReelEnsembleBraunTubeJazzBand

和田永
和田永
時折織成 ―落下する記録―

*アクティブスタジオでイベント開催時は、作品を体験していただく事ができません。
あらかじめご了承ください。

観覧可能日時
《展示スケジュール / 4月9日まで》
3/31(木)~4/9(土)

・3/31(木)14:00〜、16:00〜
・4/1(金)14:00〜、16:00〜
・4/2(土)14:00〜、16:00〜
・4/3(日)14:00〜、16:00〜
・4/4(月)14:00〜、16:00〜

・4/5(火)14:00〜、16:00〜
・4/6(水)14:00〜、16:00〜
・4/7(木)14:00〜、16:00〜
・4/8(金)14:00〜、16:00〜
・4/9(土)14:00〜、16:00〜

※展示作品の運用に伴い、システムのメンテナンスにより実演が行えない場合もございますので、予めご了承ください。
※ご覧いただける日程・時間は変更になる可能性がございます。

ARS ELECTRONICA FUTURELAB

オーストリア・リンツに拠点を置く、メディアアートの世界最高峰の機関。毎年9月にアート・テクノロジー・社会をテーマに行われる「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」の他、美術館・科学館としての「アルスエレクトロニカ・センター」、メディアアートの最先端コンペティションである「プリ・アルスエレクトロニカ」、R&D 機関である「フューチャーラボ」の4部門があり、日本からも多くのアーティストが参加している。

スペシャルプログラムゲスト
マーティン・ホンツィック
マーティン・ホンツィック

メディアアートの祭典として名高いアルスエレクトロニカ・フェスティバルのディレクター。
タバコ工場、ショッピングモール、教会など毎年リンツの街の様々な場所にスポットを当て、街とひとを巻き込みながら「アート・テクノロジー・社会」のフェスティバルを作り上げる。

小川秀明
小川秀明

アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ所属。
アルスエレクトロニカ・センター新館オープンに携わった後、アーティスト、キュレーター、リサーチャーとして活躍中。

※都合により、ゲストは小川絵美子氏から、小川秀明氏に変更となりました。(2016/1/14更新)

スペシャルプログラム

day1 1/28(thu) 18:00~20:00 オープニングパーティ& 展示レクチャー
day1 1/28(thu) 18:00~20:00 オープニングパーティ& 展示レクチャー
時 間
open/ 17:30~  start/ 18:00~ (20:00終了予定)
会 場
グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル2階
The Lab. (ザ・ラボ) アクティブスタジオ
参加費
¥1,000 (飲食代として)
定 員
50名(予定)
参加アーティスト
・クリスティーナ・キュビッシュ
・和田永
・アルスエレクトロニカメンバー
day2 1/29(fri) 18:00~20:00 トークセッション「FREE SOUND」
day2 1/29(fri) 18:00~20:00 トークセッション「FREE SOUND」
時 間
open/ 17:30~  start/ 18:00~ (20:00終了予定)
会 場
グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル7階
ナレッジサロン プレゼンラウンジ
参加費
無料
定 員
50名(予定)
ゲスト
・クリスティーナ・キュビッシュ
・和田永
・アルスエレクトロニカ
 マーティン・ホンツィック/小川 秀明

※都合により、ゲストは小川絵美子氏から、小川秀明氏に変更となりました。
(2016/1/14更新)

day3 1/30(sat) 14:00~17:00 ワークショップ Electrical Walks(エレクトリカル・ウォーク)
day3 1/30(sat) 14:00~17:00 ワークショップ Electrical Walks(エレクトリカル・ウォーク)

電磁波を「聴ける」特別なヘッドフォンを装着して、クリスティーナ・キュビッシュ(Christina Kubisch)とナレッジキャピタルを歩きます。今まで知っていた世界が全く違うものに変わる体験を通して、音や未来の街を議論するワークショップです。

時 間
open/ 13:30~  start/ 14:00~ (17:00終了予定)
会 場
グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル7階
ナレッジサロン プレゼンラウンジ
参加費
無料
定 員
10名(予定)
ゲスト
・クリスティーナ・キュビッシュ
・アルスエレクトロニカ
 小川 秀明

※都合により、ゲストは小川絵美子氏から、小川秀明氏に変更となりました。
(2016/1/14更新)

スペシャルプログラムは、事前にご登録ください。

スペシャルプログラムの申し込みは終了致しました。

○定員に達し次第、申込み受付は終了となります。
○ナレッジサロンで行うプログラムは18歳以上の方の参加に限らせていただきます。
○お問い合わせメール: info@kc-i.jp(一般社団法人ナレッジキャピタル)

PAGE TOP