SpringX 超学校 シンギュラリティサロン@SpringX S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら(シンギュラリティ編)|ナレッジキャピタル超学校|アクティビティ|ナレッジキャピタル

【8月20日更新】営業時間のお知らせ
【8月20日更新】新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
【重要】なりすましECサイト(偽サイト)にご注意ください

SpringX 超学校 シンギュラリティサロン@SpringX

S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら
(シンギュラリティ編)

開催日
2021年6月27日(日)
開催時間
13:30〜15:30
開催形式
YouTube Liveによるオンライン開催
参加費
無料
申し込み
不要

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人類がついてゆけないほどのスピードで科学技術が猛烈な発展をはじめるときのことを言います。その結果として人間を超越する「超知能」が生まれたとき、人類の歴史はどこへ向かっていくのでしょうか。

シンギュラリティサロン#49のテーマは「芸術とAI」。人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)を主宰する美術家 中ザワヒデキ氏をゲストに迎えます。

第1部:講演 中ザワヒデキ氏
「「芸術とAI」というテーマは広いが、今回は私が美術家の草刈ミカとともに主宰している人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)でここ数年注力している、「S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら」という問いについて、シンギュラリティ方面から考えてみたい。S氏とは2014年のゴーストライター事件で世間を騒がせた佐村河内守のことだが、とすると、N氏(新垣隆)の作曲技術をAIで代替した場合には、「S氏が作曲した」と称しても問題は無いということに(恐らく)なる。ということは、作曲という芸術活動の本質は、AIにではなくS氏に帰するということだ。つまりこの場合のAIは作曲も芸術もしていない。では反対に、真の意味で、作曲も芸術もするAIが登場するとはどういうことを指すのだろうか。N氏を代替するAIではなく、S氏を代替するAIが実現することだとしたら、それがシンギュラリティではないだろうか。」

第2部:座談会 中ザワヒデキ氏+松田 卓也 氏・塚本 昌彦 氏・小林 秀章 氏/ 質疑応答

講師紹介

中ザワ ヒデキ 氏

美術家、人工知能美学芸術研究会代表

1963年、新潟県生まれ。千葉大学医学部卒。1990年代の「バカCG」を経て2000年頃より「方法絵画」「本格絵画」「新・方法主義」「脳波ドローイング」「芸術特許」等。著書『近代美術史テキスト』『現代美術史日本篇1945-2014』。CD『中ザワヒデキ音楽作品集』。元・文化庁メディア芸術祭審査委員。草刈ミカと主宰する「人工知能美学芸術研究会」として、本年1~4月、京都市京セラ美術館での展覧会「平成美術:うたかたと瓦礫」に出展。

松田 卓也 氏

神戸大学 名誉教授

理学博士(天体核物理学)。シンギュラリティサロン主宰。研究のかたわら、ニセ科学批判にも力をそそいできた。近年は京都某所の「秘密研究所」にて人工知能の研究を進めながら、迫りくるAI社会とシンギュラリティの啓蒙活動に取り組んでいる。

塚本 昌彦 氏

神戸大学大学院工学研究科 教授

工学博士。シンギュラリティサロン副主宰。ヒューマンインタフェースの研究を進める一方、「ウェアラブルの伝道師」として、全国各地のイベント・メディアで、ウェアラブルデバイスの普及活動を精力的に続けている。

小林 秀章 氏

「セーラー服おじさん」

シンギュラリティサロン常連聴講者。某印刷会社で知性派エンジニアとして活躍する一方、「セーラー服おじさん」として国内外に出没、日本のオタクカルチャーのアイコンとなっている。人間の「意識」の謎に取りつかれている。

保田 充彦

ナレッジキャピタル・リサーチャー、株式会社XOOMS代表

開催概要

開催日程 2021年6月27日(日)
開催時間 13:30〜15:30
会場 YouTube Liveによるオンライン開催
参加費 無料
申し込み 不要
タイトル SpringX 超学校 シンギュラリティサロン@SpringX
S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら
(シンギュラリティ編)
登壇者 中ザワ ヒデキ 氏(美術家、人工知能美学芸術研究会代表)
松田 卓也 氏(神戸大学 名誉教授)
塚本 昌彦 氏(神戸大学大学院工学研究科 教授)
小林 秀章 氏(「セーラー服おじさん」)
保田 充彦 氏(ナレッジキャピタル・リサーチャー/株式会社XOOMS代表) ※司会
主催 シンギュラリティサロン
株式会社ブロードバンドタワー
一般社団法人ナレッジキャピタル
注意事項 ・進行状況により予定の時間が変更する場合がございます。予めご了承ください。
お問い合わせ シンギュラリティサロン事務局
admin@singularity.jp

PAGE TOP