『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2013 in 大阪』|イベントレポート一覧|アクティビティ|ナレッジキャピタル

『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2013 in 大阪』

世界各国の若きクリエイターを紹介すべく、俳優の別所哲也氏が創立者となり1999年から東京で始まったアジア最大級の国際短編映画祭。15周年を迎える今年、東京では約1 万3000 人を動員し好評を博したこの映画祭が、新天地「ナレッジキャピタル」に登場。

世界各国の若きクリエイターを紹介するために、俳優の別所哲也氏が創立者となり1999年から東京で始まったアジア最大級の国際短編映画祭。15周年を迎える2013年、東京では約1 万3000 人を動員し好評を博したこの映画祭が、「ナレッジキャピタル」に登場。米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品となるグランプリほか受賞作品を含む、3プログラム18本の作品を上映しました。初日は、映画祭代表の別所哲也氏が舞台挨拶に登壇。ナレッジキャピタル 1 階「カフェラボ」では、過去のポスター展示や電子タブレットを使ったショートフィルム上映を行った、「SHORT SHORTSを楽しもう at CAFE Lab.」を実施しました。

タイトル 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2013 in 大阪』
開催日時 2013年7月19日(金)、20日(土)
10:40~12:10、12:50~14:20、15:00~16:30、17:10~18:40、19:20~20:50
会場 グランフロント大阪 北館4F: ナレッジシアター
参加費 1 日券/当日のみ1,500 円
1 プログラム券/当日1,000 円(前売り800 円)、シニア(60 歳以上)800 円
主催 一般社団法人ナレッジキャピタル
協力 ショートショート実行委員会、毎日放送
協賛 メルセデス・ベンツ日本株式会社、株式会社好日山荘、株式会社滋慶
後援 大阪府、大阪市、公益財団法人関西・大阪21 世紀協会、FM802、FM OSAKA

PAGE TOP