新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
一部店舗・施設で営業時間を変更しております。

こたつ会議6回目

6回目 人生を変えた1冊!今読むべき本のOMOSIROI。 2015年10月17日(土)11:30〜18:00予定 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F ナレッジプラザ

6回目のテーマは人生を変えた1冊!今読むべき本のOMOSIROI。

OMOSIROIを探求するナレッジキャピタルの人気イベントこたつ会議の6回目を開催致します。
今回もナレッジプラザに特設大型こたつを設置し、様々なジャンルで活躍中の豪華ゲストがこたつを囲んでトークを繰り広げます。

テーマは「人生を変えた1冊!今読むべき本のOMOSIROI。」
読書の秋シーズンの真っただ中、どんな本どんなトークが繰り広げられるのでしょうか。
※開催当時はニコニコ生動画を配信予定です。

こたつ会議とは?

ナレッジキャピタルのコアバリューである「OMOSIROI」を探求すべく、様々なスペシャリストを招集し、こたつを囲んで語り合う新しい形のトークショーです。
また、見る聞くだけに留まらず、参加者全員がOMOSIROIに熱狂できる体験型コンテンツを実施。現場でしか味わえない興奮と一体感を巻き起こすイベントとなっております。

出演者一覧

1部(12:30〜14:00)
  • 藤村 忠寿

    こたつ会議亭主
    水曜どうでしょう
    エグゼクティブディレクター

    藤村 忠寿

    北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」や「実質0円スタート」のバラエティ番組「たまたま」などを手がける。最近では、藤村源五郎一座の座長として時代劇に挑戦。

  • 中川 和彦


    スタンダードブックストア
    代表

    中川 和彦

    1961年大阪生まれ。2006年『本屋ですが、ベストセラーはおいてません。』をキャッチフレーズに、カフェを併設する本と雑貨の店・スタンダードブックストア心斎橋オープン。その後、茶屋町、あべの、そして2015年もりのみやキューズモールBASEのまちライブラリーに併設するカフェをオープン。本は扱うが本屋を営んでいる意識は希薄で、人と人が直接触れ合う場を提供したいと考え、ジャンル問わず様々なゲストを招いてイベントを開催。

  • 江川 達也



    漫画家

    江川 達也

    本宮プロダクションでアシスタントを経て、1984年『BE FREE!』で漫画家デビュー。以後、ギャグ、エロティシズム、歴史、社会風刺など自由に操る漫画家としてその活躍は、漫画界のみならず幅広いジャンルで注目を浴びている。2015年秋、数十年ぶりに少年誌での漫画連載を控えているなど、55歳にして精力的に活動中。

  • 玉岡 かおる



    作家

    玉岡 かおる

    兵庫県三木市生まれ。神戸文学賞受賞作の『夢食い魚のブルー・グッドバイ』で文壇デビュー。『天涯の船』『蒼のなかに』など数々の作品を執筆。執筆のかたわら、テレビやラジオでも活躍中。

2部(15:30〜17:00)
  • 倉本 美津留


    放送作家・ミュージシャン

    倉本 美津留

    「ダウンタウンDX」Eテレ「シャキーン!」など数々の人気番組を手がける放送作家。ミュージシャンとしても活躍中。

  • タナカ カツキ


    マンガ家

    タナカ カツキ

    1966年大阪うまれ。1985年大学在学中にマンガ家としてデビュー。
    著書には『オッス!トン子ちゃん』『サ道』、天久聖一との共著『バカドリル』などがある。カプセルトイ「コップのフチ子」の生みの親でもある。

  • 吉田 豪

    プロ書評家
    プロインタビュアー

    吉田 豪

    1970年、東京都生まれのプロ書評家&インタビュアー。趣味はエゴサーチと、ネット上のトラブルを拡散して火の粉を浴びること。

  • 玉岡 かおる

    キュレーター・東京都現代
    美術館学芸員

    森山 朋絵(予定)

    東京都写真美術館ほか文化施設の創設に携わり、東京大学ほか国内外の大学で教鞭を執りつつ、約30年にわたり公立美術館のキュレーターとしてメディアアート/メディア芸術領域の企画展を多数手がける。

ページトップへ

体験型コンテンツ

一箱古本市
イメージ: 一箱古本市

ナレッジプラザの一角を使用し、一般来場者が段ボール箱ひとつ分の古本を販売。どんな本をいくらで売るかは店主の自由。屋号を付けたり売り方を工夫したりと、本屋さんごっこが楽しめます。

募集要項はこちら

人生が変わる巨大ガチャガチャ @デイリーポータルZ
イメージ: 巨大いる本ガチャガチャ

あなたの人生を変えた1冊が、誰かの人生を変える1冊になる!かもしれない!!むやみやたらに感動を交換する本のリサイクルマシーン、巨大ガチャガチャがカムバック!

【参加方法】 人生を変えた一冊をお持ちください。

※ジャンルは問いませんが、もらった人が喜ぶ可能性がほとんどないもの、ゴミの場合はお断りします。

※出てきたものが気に入らないからといってそれをまたガチャガチャに入れることはできません。

紀伊國屋書店 POP UP! ショップ
紀伊國屋書店

本のスペシャリストである、紀伊國屋書店の精鋭スタッフが、「人生を変えた1冊」をテーマにオススメ本を選書。
それぞれの本にポップを作成し販売する、“ポップ”アップショップを開催。こたつ会議ゲストのサイン会も同時開催!

人生を変えた俺の1冊

大学教授に編集者、役者にお寺の住職まで、様々なジャンルのナレッジパーソンの人生を変えた1冊と知られざるエピソードをパネル展示。紀伊国屋書店ブースにて本の購入も可能です。

直感読みブックマーカー

[開催時間:14:30~15:30]

無作為に開いたページから言葉を抜き出し、しおりに書いて話し合う。本と人との新しい出会いを提案する、知的ワークショップを開催。どなたでも無料で参加して頂けます。

ページトップへ

募集要項 一箱古本市
イメージ: 一箱古本市

来る10月17日(土)「本」をテーマにナレッジキャピタル名物「こたつ会議 6回目」を開催します。
フリーマーケット型の古本販売「一箱古本市」の出店者を募集します。小説、マンガ、雑誌など、ジャンルは問いません。皆さんの「人生を変えた一冊」を販売する一日だけの古本屋店主体験をしてみませんか?

一箱古本市 とは?

2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリート」で始まり、現在では全国各地で開催されている、たくさんの本好きが集まる来場者交流型のイベントです。
店先に並べられた本は、本人の言葉より雄弁に店主の人柄を語ります。本を通じて人と繋がる。本との新しい付き合い方を体感できます。

募集受付は終了致しました。多数のご応募ありがとうございました。

ページトップへ

開催概要

イベント名こたつ会議 6回目
会場グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F ナレッジプラザ
開催予定日2015年10月17日(土)
開催時間 11:30〜18:00予定
こたつ会議1部 12:30〜14:00
こたつ会議2部 15:30〜17:00
出演 こたつ会議1部
藤村 忠寿 / 中川 和彦 / 江川 達也 / 玉岡 かおる

こたつ会議2部
倉本 美津留 / タナカ カツキ / 吉田 豪 / 森山 朋絵(予定)
入場料無料
その他※クロークは会場にございませんのでご了承ください。

ページトップへ

PAGE TOP