• 2017.12.08
  • ハイランドの至宝、グレンコー
グレンコーはスコットランドで絶対的なかけがえのない場所で、アウトドア好きのスコットランド人みんなにとって、最も素晴らしい自然の「遊び場」です。スコットランドの主要な市や町と適度に近いのに、汚れのない豊かな緑を維持するのに「適度な距離」が保たれているこの場所は、混雑しすぎることもなく週末旅行にぴったりです。
ほとんど誰も住んでいないこの渓谷は、スコットランドのハイランド地方に約20マイル(約32km)にわたって伸びていて、フォート・ウィリアムの南、オーバンの北に位置しています。車で一通り回れますが、ハイカー(徒歩旅行者)にとっては見逃せない場所です。シンプルなウォーキングから最も難易度の高いトレッキングや小道をたどるクライミングまで、多種多様な山遊びの選択肢が用意されていて、フィットネスや自然が好きなスコットランド人にはとても大切な場所です。

グレンコー渓谷

フォート・ウィリアムはスコットランドの西ハイランド地方最大の都市です。現存するインバーロックの町周辺にもともと作られていた都市で、グレート・グレンの南端の、海と川から海水と淡水が交互に流れ込むアイル湖沿いに位置しています。
フォート・ウィリアムはイギリス諸島最高峰のベン・ネビスから近く、美しく広がるグレンコー渓谷からもそれほど離れていません。
この辺り一帯が「嘆きの谷」とも呼ばれているのは、キャンベル氏族の大虐殺によってマクドナルド氏族が犠牲となったためで、ショッキングな背景を持つグレンコー渓谷は『ブレイブハート』、『ハイランダー/悪魔の戦士』、『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』、『ハリー・ポッター』など、多くの映画の舞台となっています。
今ではスコットランドにやって来る観光客の好奇心をくすぐる程度の場所にすぎませんが、かつて氏族がいた頃には歴史的、文化的、軍事的なできごとが起きていた場所でした。スコットランドには封建制度に基づいて子孫に受け継がれた氏族(または一族)の伝統があります。ハイランド地方の氏族長はまるで小さな王国を治めるように配下の氏族を束ねて、互いの絆を深めたり、必要に応じて戦ったりしていました。こうした戦いには非常に血なまぐさいものもあり、中でも1692年にグレンコーで起きたものは残虐を極めました。その後、ハイランド氏族たちは次第に孤立し、影響力や重要性を失っていきました。
この氏族制度のもと、氏族たちは氏族長に忠誠を貫き、この体制は氏族長が国王に忠誠を誓うことを強いられるようになる18世紀まで続きました。当時課されたこの他の措置には、子供への義務教育や反乱のシンボルとなっていたタータン(特有の民族衣装)の着用禁止などが挙げられます。

グレンコーの全景

この辺りで最もよく知られている分かりやすいルートはロストバレーと呼ばれていて、その昔、グレンコーのMac CIain氏族が牛を盗まれないように隠していた場所です。
景色が一番きれいで地元のハイカーに利用されている14kmのルートは、かつて人里離れたこの地の住人がスコットランド最古といわれている宿屋で仕事をするために毎日2度通っていた道です。デビルズ・ステアケース(悪魔の階段)の山頂までは歩いて45分の道のりで、晴れた日には絶景を満喫できます。
湖がまるで鏡のようになる(貴重な)晴天の日のグレンコーは特にきれいで、そばに立って逆さに見ると、水辺の石が空中に浮いているように見えます!実際にやってみたことがありますがとても面白い眺めでしたよ!

鏡のようなグレンコーの湖

この地域の絶対的な見どころのひとつは水辺で、川、湖、滝、海などは美しい景色の主要な要素の一部となっています。これは神秘的な力や歴史、人々の地球への愛によって生まれた自然の歓喜です。

近年、この渓谷は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のいくつかのシーンの舞台となったほか、有名なハグリッドの小屋も建てられ、この長編映画に登場する小屋のシーンはすべてここで撮影されました。
独特の野性味あふれる風景を持つグレンコーは、実は大量のアドレナリンがあふれるクィディッチの試合の舞台にもなっていて、この試合はグレンネビスという地域で撮影されました。

高い山に囲まれ、さまざまな種類の花があちこちに咲き乱れ、長い滝に寄り添ったこの渓谷のように、見る人をあぜんとさせる場所は世界でもあまりありません。すぐ足元で大地の息吹や命を感じることができて魂を揺さぶられます。ここではありとあらゆるものが静寂と孤独にまぎれて行き交います。風が吹きすさび、通り過ぎるものの頭上を覆うかのように3つの巨大な岩が並んだ、神秘的なスリーシスターズがそびえる険しい渓谷を過ぎ去っていくのです。

特派員

  • パトリック・ サッコ
  • 年齢酉年(とり)
  • 性別
  • 職業エリオット・コンサルティング社エンジニア

こんにちは! 私はパトリックと言います。スコットランドのエジンバラ在住で、土木技師をしています。趣味は詩を書くことです。9年ほど前にイタリアからスコットランドへ移住し、この土地に惚れ込んでいます。雨の多い気候を好まない人もいますが、その気候のおかげでここは緑豊かな風景に恵まれています。暇を見つけては、車でエジンバラ郊外へ湖や渓谷を見に出かけています。

パトリック・ サッコの記事一覧を見る

REPORTER

PAGE TOP