Supported by BIKEN 第2回高校生のためのオンライン講義 感染症との戦い~ワクチン研究開発の現場から~|アクティビティ|ナレッジキャピタル

【1月27日更新】営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

Supported by BIKEN 第2回高校生のためのオンライン講義
感染症との戦い~ワクチン研究開発の現場から~

開催日
2022年2月27日(日)
開催時間
10:30〜11:50
開催形式
YouTube Liveで配信 ※視聴URLはお申し込みされた方へご案内いたします。
参加費
無料
受付締切
2022年2月27日(日) 11:30
対象
高校生 ※一般の方のご参加も歓迎いたします。

インフルエンザワクチンに水痘ワクチンなど、ワクチンは私たちにとって身近なものです。さらに新型コロナウイルスをきっかけに、ワクチンがどのように開発され、流通するのかなど、様々な方面での関心が急速に高まっています。一般財団法人阪大微生物病研究会(BIKEN 財団)は、現在日本で最多の種類のワクチンを供給しています。(2022年1月現在)
今回の講義では、BIKEN 財団の研究開発担当者が高校生を対象に、ワクチンの仕組みや種類といった基礎、また人類と感染症の歴史についてわかりやすく講義します。また、自身の高校時代を振り返り、経験を踏まえたアドバイスも盛り込みます。理系の研究者を目指す方はもちろん、進路に悩んでいる高校生の皆さんの将来のキャリアを考えるヒントにしていただければ幸いです。

講師

落合 晋 氏

一般財団法人阪大微生物病研究会 開発一課

企業の研究開発部に勤務しながら、岐阜大学大学院医科学研究科にて医学博士を取得。2010年に日本ポリオ研究所に入所しポリオワクチンの研究開発、BIKEN財団との合併後は新規ワクチンの研究、現在は初期開発プロジェクトの全体統括を担当。最近、新規ワクチンの免疫原性と愛車の調子は予測が難しいと感じている。

プレゼンター

五味 康行 氏

一般財団法人阪大微生物病研究会 ワクチン推進部門長

大学卒業後から現在までBIKEN財団に勤務。大学での専攻は物理学だが、就職後にウイルス研究の魅力に取りつかれた結果、大阪大学大学院医学系研究科にて医学博士を取得。研究課長、開発部長、研究開発部門長を経て、現在は新規ワクチン製品の開発プロジェクトを統括。

事前申し込み

※お申し込みに関する注意事項を必ずお読みください。

開催概要

開催日程 2022年2月27日(日)
開催時間 10:30〜11:50
会場 YouTube Liveで配信
※視聴URLはお申し込みされた方へご案内いたします。
参加費 無料
タイトル Supported by BIKEN 第2回高校生のためのオンライン講義 感染症との戦い~ワクチン研究開発の現場から~
講師落合 晋 氏(一般財団法人阪大微生物病研究会 開発一課)
プレゼンター五味 康行 氏(一般財団法人阪大微生物病研究会 ワクチン推進部門長)
主催 一般財団法人阪大微生物病研究会
「青少年のための科学の祭典」大阪大会実行委員会
一般社団法人ナレッジキャピタル
読売新聞社
後援 大阪府教育委員会
香川県教育委員会
お申し込みに関する注意事項 ※本プログラムはオンラインでの開催となります。
※参加にはインターネットが利用できるパソコン・タブレット・スマートフォンなどが必要となります。
※YouTube Liveで配信する視聴用URLはお申し込みされた方へご案内いたします。
お問い合わせ SpringX事務局:springx@kc-i.jp
TEL:06-6136-6386
受付時間:平日 10:00〜17:00
事前申し込み

※お申し込みに関する注意事項を必ずお読みください。

PAGE TOP