【本日の営業に関するお知らせ】
ナレッジキャピタルの各店舗および施設は通常どおり営業いたします。
なお、一部店舗・施設にて営業開始の遅れ等がある場合がございます。
また、今後の状況により、営業内容・時間を変更させていただく可能性がございます。予めご了承ください。

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
「ゲーム理論」で読み解くAI・働き方・ビットコイン

開催日: 2017年12月14日

○活動の主旨、目的○
ポーカーやチェスといったゲームから着想を得て誕生し、いまや社会・経済を分析する際に欠かせないツールにまで発展したゲーム理論。
他人との駆け引きの中でどうやって最善手を見つけ出すか(AI)、残業のジレンマからどうすれば抜け出せるか(働き方)、価値の裏付けのない仮想通貨がなぜ高騰するのか(ビットコイン)、といった気になる時事問題やキーワードを、ゲーム理論を使って読み解いていきました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

安田 洋祐 氏 / 大阪大学 大学院経済学研究科准教授

【プロフィール】
1980年東京都生まれ。2002年東京大学経済学部卒業。
2007年プリンストン大学よりPh.D.(博士号)取得。
政策研究大学院大学助教授を経て、2014年4月から現職。専門は戦略的な状況を分析するゲーム理論。最近の主な研究テーマは、現実の市場や制度を設計するマーケットデザイン。

【主なテレビ出演】
・フジテレビ「とくダネ!」(コメンテーター)
・関西テレビ「情報ランナー」(コメンテーター)など

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに登壇した感想は?
  • 3年前にも登壇させていただきましたが、今回も前回と同様、良い環境の中で気持ちよくお話しできました。一見、関連性の薄いトピックの「ごった煮」のようになりましたが、現実の経済との繋がりを意識したお話ができたと思います。
  • 今後サロンに期待することは?
  • 現在、どのようにして学術知見をビジネスや政策などの実務に結びつけるかが、非常に重要な課題になってきています。海外では専門的知見を実務に役立てる機会が急速に増えており、「ゲーム理論」を実際の経営戦略に応用するといったことが、多くの民間企業ですでに始まっています。ナレッジサロンの強みのひとつは、実務で活躍されている方がたくさんいらっしゃることだと思いますので、今日お話ししたゲーム理論的アイデアを自身のビジネスに役立ててみようと考える方が増えれば嬉しいです。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP