新たな医療介護モデルへの新規参入の扉 -調剤薬局が広げるコラボレーションの輪- 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
新たな医療介護モデルへの新規参入の扉 -調剤薬局が広げるコラボレーションの輪-

開催日: 2018年4月12日

○活動の主旨、目的○
医療保険の増大、地域包括ケアシステムの必要性、健康寿命延伸など、医療をとりまく課題は日々重要性を増しています。
国や地方の負担となる「社会保障費」と捉えるのか、はたまたこれからの日本を作るための「社会再活性化費」と考え、チャンスと捉えるのか。

考え方一つで大きな転換点となる今、他分野との連携への想いを胸にニューロンネットワーク株式会社を立ち上げ、精力的に新しい取り組みに挑む石田氏。
新しい日本の幕を上げるための「予防医療×高齢者が働き輝ける仕組み」について一緒に考えて頂きました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

石田 行司 氏 / ニューロンネットワーク株式会社代表取締役社長、りんくう出島株式会社代表取締役社長

【プロフィール】
1965年大阪府生まれ。
徳島文理大学薬学部卒業後、大手製薬会社にMRとして勤務。
2002年に独立し、ニューロンネットワーク株式会社設立。
摂津市薬剤師会会長を務め、調剤福祉事業を軸に、他業種との複合事業、ゲノム事業など幅広く手掛ける。
2011年、りんくう出島株式会社を設立。
「地域活性化総合特区」に指定されたりんくう(大阪府泉佐野市)にりんくう出島クリニックを設立。

【著書】
『医療特区でがん難民と医療業界を救え』 ≪幻冬舎≫

ナレッジドナーインタビュー

  • 木曜サロンに登壇した感想は?
  • 参加された皆さまがとても熱心に聞いてくださり、とても意義のある会だったと思います。ビジネスチャンスは意外に身近にあり、難しく考えずに、できることから取り組めば良いと思っています。こうした考えが伝わっていれば嬉しいです。
  • 今後サロンに期待することは?
  • ナレッジサロンから生まれた、さまざまなビジネスモデルを外にもっとアピールして欲しいです。特に成功事例は積極的に紹介し、「ナレッジサロン発」を推し出すことで、施設としての価値も向上すると思います。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP