事業拡大のために必要なコミュニケーション戦略 -商品やサービスにPRストーリーが必要な理由- 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
事業拡大のために必要なコミュニケーション戦略 -商品やサービスにPRストーリーが必要な理由-

開催日: 2019年3月28日

○活動の主旨、目的○
企業や団体のマーケティング活動で欠かせないのが広報PRです。
また事業を今以上に広めたいときに、事業の魅力をどのように引き出し、どのように伝えていくか。

伝わるためにはPRストーリーが必要となり、そのストーリーのアウトプットが継続されることでブランディングが確立されていくともいわれています。
当日は、そのあたりのコツやノウハウについて解りやすく解説していただきました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

小堀 真保 氏
PRコンサルタント、PRSJ認定PRプランナー

株式会社PR Chest 代表取締役社長/一般社団法人PR Supporters 代表理事。
大手広告代理店グループ広報専門会社にて、PRディレクター、シニアコンサルタントとして実績を積み、2015年4月に独立。
2016年1月株式会社PR Chest代表取締役社長就任。
2016年8月一般社団法人PR Supporters設立。
上場企業はじめスタートアップや事業者、地方自治体等が持つ魅力の引き出し方についても多数実績あり。
企業の他、業界団体や大学、エンターテイメント業界などをクライアントとし、プロジェクトチームを招集、戦略立案から実施まで一貫して携わる事を得意とする。

ナレッジドナーインタビュー

  • 普段から講演をなさることが多いそうですが、本日はどのような点を意識してお話しされましたか?
  • 普段おこなっている講演会の参加者にはベンチャー企業の方が多いのですが、今日は様々な業種、年齢層の方がいらっしゃってとても新鮮に感じました。事前に参加者の方々の所属業界やご担当部署を教えていただき、「それぞれの事業をどのようにして魅力的に伝え、アピールすることができるか」をポイントにお話させていただきました。
  • 最近のPRの成功事例の中で、注目されているものはありますか?
  • SNS上で企業同士がコラボレーションする例があり、大変興味深く見ております。これまで、SNSを通じた繋がりは「個人と個人」「個人と企業」にはよく見られましたが、「企業と企業」というのはまだ珍しいですね。中にはシナリオが組まれていない、自然発生的に生まれたSNS上での企業間のコラボレーションもあるようで、今後もこのような事例が増えていくと予想しています。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP