開業6周年特別サロン 総合デザイン力とは? 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

開業6周年特別サロンレポート

テーマ:
総合デザイン力とは?

開催日: 2019年8月8日

○活動の主旨、目的○
狭い分野の知識だけでなく、幅広くシステム全体を評価できる能力のことを「総合デザイン力」といいます。システム設計/構築のための方法論であり、それには「感性」が重要です。
通常、デザインというと建築、服飾、グラフィックなどを指すものと思われますが、ここでは広く「構想力」の意で、異なる分野、異なる知識を編集して、新たな知的領域を創出する「イマジネーション」ととらえます。めったにない貴重な講演機会となりました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

宮原 秀夫 氏
一般社団法人ナレッジキャピタル 代表理事、元大阪大学 総長

グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」の基本コンセプト「“感性”と“技術”の融合が“新たな価値創出”につながる」のもと、野村総合プロデューサーとともに、このナレッジキャピタルの運営に携わってきた。
一般社団法人ナレッジキャピタル 代表理事、一般財団法人アジア太平洋研究所 理事・所長、元大阪大学 総長

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP