第7回ナレッジイノベーションアワード受賞シリーズ第2弾 「土石流の真実を伝える映像とモデル実験」 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
一部店舗・施設で営業時間を変更しております。

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

オンライン
テーマ:
第7回ナレッジイノベーションアワード受賞シリーズ第2弾
「土石流の真実を伝える映像とモデル実験」

開催日: 2020年5月21日 (zoomによるオンライン開催)

○活動の主旨、目的○
土石流は発生地域の「地質」と深く関係しているものの、雨などの他の要因も関連しており、内部を見ることもできません。
またこれまで発生から停止までの全過程が観察された例がなく、そのメカニズムはよく分かっていませんでした。

そんな中、平成23年に紀伊半島で発生した観測史空前の土石流が地質以外の条件が同じだったために初めて土石流と地質との関係を調べることが可能になったとのこと。

林氏らはどのようにして土石流のメカニズムを解明できたのか。
新たな知への扉を開いたプロセスに迫りました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

林 慶一 氏
甲南大学理工学部教授

東京大学大学院理学系研究科地質学専門課程修士課程修了。
東アジアの介形虫化石層序の研究で九州大学博士(理学)取得。
東京都立・東京学芸大学附属高校教諭、甲南大学理工学部助教授を経て現職、学部長を歴任。
地質学・古生物学と地学教育・理科教育学が専門。
日本地学教育学会誌編集委員長、文部科学省学習指導要領作成協力者、JSTおよび文部科学省のSSHの審査委員等を歴任。
30年にわたり高校地学の教科書等を執筆。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP