ファッションの感性とAI -コトの先にある感性の世界観をAIでつなぐ- 木曜サロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
ファッションの感性とAI -コトの先にある感性の世界観をAIでつなぐ-

開催日: 2021年1月28日

○活動の主旨、目的○
トレンドを生み出すビジネスモデルで成功してきたファッションは、世界中の人々に今まで見たことがない世界観の美しさを形にし、春夏と秋冬のコレクションとして年に2回の提案をしてきました。ファッションが大好きな人は、どんなモノが発表されるのか、どのような美意識の世界観をコレクションで見せてくれるのかを心待ちにしています。しかし、ファッション業界もコロナ禍によって大きく改革を求められています。
そこで、消費者が好きになったモノが「大好き」になり、「めっちゃ大好き」になっていくプロセスや、本当に大切なこととは何かを中心に、コトの先にある感性の世界観とAIをつなぐ仕組みについてお話しいただきました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

鶴 鉄雄 氏
学校法人上田学園 上田安子服飾専門学校 講師

上田安子服飾専門学校(専任)で情報デザイン、PHPなどのプログラミング言語やデータサイエンスを教える傍ら、大阪市立大学都市情報学修士課程を修了。 現在は兵庫県立大学にて感性とAI(深層ニューラルネット)の研究を行う。
今後は現在の研究を実社会で貢献できることを目指している。

ナレッジドナーインタビュー

  • 人の感性を読み解く研究をどのように展開しようとお考えですか。
  • 何千人かの似た感性の人たちをグループ化できれば、特定の層に向けた商品を開発し、直接アプローチしてその商品に対する反応を見ることができます。消費者が商品に共感する部分をどのように測定するかが一番のポイントです。共感の測定対象となるのが、形になっているもの、即ちデザインされたものだと捉えると、使う人がデザイナーの作ったものに共感し、デザイナーの想いがきちんと伝わったかどうかということが重要だと思います。デザインの要素は色・形・素材で、ファッションではディテールとシルエットに分かれます。デザイン要素によって「人が何を好きか」を捉えることができるとの研究結果があります。ファッションでは「トレンドが変わると、シルエットが変わる」と言われていますので、シルエットに着目し、AIを活用してどのように分類できるか試行錯誤しながら研究を行ってきました。人の「好きなもの」を分析して解明することは、消費者が求めるものを作ることにつながると考えています。
  • 研究者としてファッションに対する考え方をお聞かせください。
  • 私はずっとファッションやデザインに携わりながら、データサイエンスやAIの研究を行ってきました。ファッションが好きでファッションに関わるようになった訳ではありませんので、少し引いて俯瞰的にファッションを見ていると思います。「ファッション大好き!」では、思い入れが強すぎて冷静に見られませんからね。一方、技術やデータばかりを重視していると、ファッションの感性の部分が理解できません。そのような状態でもの作りをしても形だけのデザインになってしまい、消費者の共感にはつながらないと思います。私は、デザインとサイエンスの両面からファッションを見ることができる立場にいますので、作り手と消費者の共感を概念として捉えたいと考えています。ファッションデザインやブランドの企画を行う際にはコンセプト、つまり概念が一番大事です。デザイナーの作り出した形や色、素材など、消費者が共感する部分をしっかり捉え、そのコンセプトに基づいてデザインすれば、作り手と消費者の共感がうまく循環していくのではないかと考えています。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP