営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
自然に触れ、自然が人を輝かせるビジネス

開催日: 2022年3月3日

○活動の主旨、目的○
名倉氏は社会課題に関心が高く、自身が率いる株式会社スタンドケイは「こころが喜び、地球が喜ぶ未来をつくる」を理念に掲げ、手ぶらでBBQを楽しむための器材レンタルや施設運営、またイチゴ農園の運営を軸に“出張いちご狩り”を手がけるなど、理念を実現すべくさまざまな事業を展開しておられます。アグリ事業部では後継者のいない農家からハウスを引き受け、その土地で活動したい人材に承継し支援したり、また福祉施設と連携した、いわゆる“農福連携”では更なるバージョンアップを目指して取り組むなど、他分野との連携にも積極的に活動しておられました。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

名倉 昂佑 氏
株式会社スタンドケイ 代表取締役/NPO法人農楽マッチ勉強会 理事

大学卒業後、専門商社で2年間勤め2014年4月に株式会社スタンドケイを創業。
【未来に希望を持ち、笑顔で過ごす人を一人でも増やす】を人生の理念とし、会社経営を中心に様々な活動に従事。会社では現場仕事も多く対応し、自社イチゴ農園で明朝からいちごの収穫をしたり、BBQ場での火起し業務も行う。

ナレッジドナーインタビュー

  • 様々な事業を展開する上で、課題に直面した時はどのように対応されていますか。
  • 我々は課題だらけで事業をスタートさせましたが、今も課題はたくさんあります。対応策として、課題にぶつかった時には、人に頼るようにしています。例えば、人材に困ったら他社に協力を求めたり、資金面で困ったら資本力のあるところに支援を仰いだり、自社だけで解決できない時は他のところの力を借ります。「すぐに人に頼る」というのが、私の課題解決方法です。そこから様々な方とつながり、連携が生まれるのだと思っています。
  • 今後、取り組みたいと考えていらっしゃる課題についてお聞かせください。
  • 本日、今まで手掛けてきた社会課題を解決する様々な事業についてご紹介しました。中でも、特に私が関心を持っているのは社会福祉です。会社を立ち上げた時からやりたいと思っていた分野で、深い思い入れがあります。障害者施設や高齢者施設の設置・運営、このような施設同士が連携する機構の設立など、我々にできることはたくさんあると思います。今後は可能性を広げて、積極的に社会福祉に取り組んでいきたいと考えています。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP