営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

サロンイベントレポート

木曜サロンレポート

テーマ:
今こそ始めよう!心と身体が健康になる会社づくり

開催日: 2022年9月29日

○活動の主旨、目的○
本題に入る前にまずは、コロナ禍で行政の要請を受け取り組んだ“ワクチンカー”についてご紹介頂いた。その経験から改めて直面したこととして、医療や健康を必要としている人ほど、こちらから歩み寄る必要がある状況についてお話頂いた。
その後、看護師や保健士の役割は病院以外にも、行政が運営する施設や、各健康保険組合や、あるいは企業などさまざまなシーンが存在する事、またその中でも企業の中のオフィス保健室にて、保健士が担っている役割と、企業が抱える健康課題について情報提供して頂き、また株式会社 F・Linkがこれまで作成してきた健康動画コンテンツについても実際の動画も流しながらご紹介頂いた。

ナレッジドナー(知の提供者)プロフィール

若井 奈美 氏
株式会社 F・Link代表取締役

神戸市看護大学卒業。保健師、公認心理師、健康経営エキスパートアドバイザー。看護師として臨床経験した後、保健師として自治体、企業等で保健事業に従事。多数の保健指導を実施する疾病予防の専門家。保健所などで「行動変容を仕掛ける面談術」の研修多数。2018年、株式会社F・Linkを設立。“オフィス保健室”という保健室代行サービスを展開。全国初のキャンピングカーの移動ほけん室を保有し、2021年のコロナ禍で、豊中市の“お届けワクチンカー“を実施。

ナレッジドナーインタビュー

  • 「健康経営」を実現するために、コラボレーションパートナーとして求める人材についてお教えください。
  • 今後はケアマネージャーなどの福祉職の方に加わっていただければと思っています。親の介護という問題もありますが、私たち自身が高齢労働者になっていきますので、自分自身の介護予防のためにも必要な人材だと考えています。
    他にも、育児における孤独など、育児問題に対応できる保育の専門家や助産師の方がチームにいてくださるとケアの幅がもっと広がると思います。
  • 働く人たちの健康をサポートする中で、やりがいを感じるのはどのような時ですか。
  • やりがいを感じるのは、やはり関わった方々の笑顔を見た時です。「笑顔で働き続けられること」が私たちの経営理念ですので、たくさんの笑顔が見られると嬉しくなります。
    また、私たちは企業の保健室のような役割を果たしていますので、相談を受けて対応した後にもメールが届いたり、その後の様子を知らせてきたり、2年、3年と関わる方もいます。このような交流が長く続いていくのも嬉しいですね。

※木曜サロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

木曜サロンとは

幅広い「知」に出会える、気付けるちょっと知的な夜、展開中。

ナレッジサロン会員様を対象に、毎週木曜日の夜に開催。幅広い業種業界から「ナレッジドナー(知の提供者)」としてゲストスピーカーを招き、専門知識や経験、取り組んでいるプロジェクトや生活の知恵まで幅広い「知」を提供。参加者同士の交流や会話を尊重し、自由で気楽な会話を中心としたカジュアルなサロンです。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP