第130回 理系の会 よりみちサロンレポート|サロンイベントレポート|アクティビティ|ナレッジキャピタル

サロンイベントレポート

よりみちサロンレポート

第130回テーマ:
「理系の会」

開催日: 2017年1月25日 19:00 〜  参加者: 5名

今回は「理系の会」ということで、理系の研究をされていた方や理系のお仕事の方、理系の方に質問したい方など、5名の会員様にご参加いただきました。研究や仕事の話だけではなく、理系の漫画やドラマの話などもあり、終始盛り上がりました。

理系の会ではありますが、そもそも文系の人はなぜ文系に進んだかのという話から始まりました。「高校で数学ができなかったから文系に進んだ」とのご意見がいくつか出ました。それに対しては高校の数学教師の影響が大きいのではないかとの意見にまとまりました。理系でも仕事で数学や物理を使うのは研究・開発に関わる場合で、文系でも仕事に必要で後から勉強している方もいらっしゃいました。 

科学を理解するには英語の方がわかりやすいという人もいることから、日本語は科学には向いていないという話になりました。英語は数学の単語などが直接的でわかりやすいが、日本語は曖昧さを含んだ言語のためわかりにくいと感じる人も多いそうです。ただ、日本のように各専門書が母国語で存在する国は、アジアではかなり珍しく、専門書は英語という国が多いとのことでした。

最近では、大学や研究所などが研究内容を市民講座などで一般の人に伝える機会を積極的に設けているそうです。そして最後は、専門家が思いつかないアイデアを素人が思いつくこともあるので、専門家と素人が交流することが大切なのではないか、ということでまとまりました。

※よりみちサロンレポートはナレッジサロン会員さまを対象としたイベントのレポートです。

よりみちサロンとは

さまざまな人と出会い、繋がる、交流の場

コミュニケーターが主催する「よりみちサロン」は、多彩なテーマのもと、興味をお持ちの会員の方々にお集まりいただくカジュアルな会です。
ビジネスや趣味、興味など、幅広い話題を楽しみながら、交流を深めていただきます。さまざまなリレーションシップからの繋がりをコミュニケーターがサポートします。

開催済みのプログラム

サロンイベントレポート一覧へ戻る

PAGE TOP