インタビュー|アシックスストア大阪|フューチャーライフショールーム|施設ガイド|ナレッジキャピタル

アシックスストア大阪

関西圏のランナーたちのランニングライフを充実させる

「ランニングラボ」を中心としたサポート
:「アシックスストア大阪」はどのような店舗ですか。
「アシックスストア」は、国内で東京の銀座と原宿、神戸、そしてここ大阪で4店舗目になります。
大阪店は日本最大、世界でもロンドン店に次ぐ広さで、ランニングをメインに、野球など他のスポーツ用品も取り扱っています。アシックスは、ランニング分野に強みを持っていて、東京マラソンやニューヨークシティマラソンでは、約半数のランナーの方々にアシックスのシューズをご使用いただいています。
最近では、関西圏でのフルマラソン大会(大阪、神戸、京都、奈良)も多数開催されていることもあり、ランニングに興味を持たれるお客様が増えています。
アシックスは、2012年から始まった神戸マラソンにおいてオフィシャルスポンサーとして関わっており、ストアでは「ランニングライフの充実」を目的としたサービスや製品を提供していく予定です。
リテール統括部テクニカルチーム
久保怜子さん
澤田ひろみさん
2013年4月現在
:ストアでは、どのようなサービスが受けられるのでしょうか。
いちばんの特徴は、店内中央に設置された「ランニングラボ」です。
ここでは、お客様のランニング能力をさまざまな器具を用いて測定、科学的分析を行います。これからランニングを始める方には、現在の自分の状態を知るためのものとして、すでにランニングを継続している方には、更にレベルアップを図るための機会として利用されることが多いですね。
標準的なコースは、約2時間半をかけて、足の形からランニング時のフォーム、心肺機能、足に掛かる負担などさまざまな項目を測定し、例えば、現在の自分がフルマラソンをどのくらいのタイムで走れるのかや、レベルに合った適正なランニングのペースが分かります。
これは元々トップアスリート向けの測定技術で、アシックス内の研究所が行っていましたが、それを7年前から一般の方々向けにも始めました。日本でスポーツ工学に関する大規模な研究施設を自社で持っているスポーツメーカーはアシックスだけです。その知見と技術を生かしたランニングラボは、国内ではその研究所と東京店のみに設置しておりましたが、今回大阪店にも設置されます。
店舗では、測定の知識を持った専門スタッフが対応し、測定結果を反映したトレーニング内容をご提案することで、体験したお客様にはご好評をいただいています。
ランナーの目的に合わせた製品販売とイベント
:その他、どのようなサービスが提供されていますか。
店内にはランニングラボや販売コーナーの他、「FOOT ID」という足形を計測して自分に合ったシューズを探せるコーナーや、「エクスペリエンスコーナー」というアシックスのヒストリーが展示されたスペースなどがあります。また、ランニングに関するイベントも開催予定で、大阪城の周辺をランナーとともに巡るイベントや、専属のコーチが付いて走り方の指導を受けられるランニングクリニックなどを予定しています。
体力づくりをして健康になりたい方、アンチエイジングが気になっている女性、また、親子揃ってランニングしたいという方などさまざまなお客様に来ていただきたいですね。20代の息子さんと60代の親御さんがご一緒にフルマラソンを完走したお客様などもいらっしゃいます。
:「アシックスストア大阪」の今後の目標を教えて下さい。
関西圏でもっとランニングというスポーツを広めていきたいと思っています。
各地のマラソン大会がブームのきっかけにはなっていますが、まだまだランナーは増えていくと感じています。
数あるスポーツの基礎がランニングです。ランナーそれぞれの目的に合わせたサービスと製品をご提供していくことで、お客様のランニングライフをサポートしていきたいですね。
店舗ページへ戻る

PAGE TOP