インタビュー|HDC大阪(ハウジング・デザイン・センター大阪)|フューチャーライフショールーム|施設ガイド|ナレッジキャピタル

HDC大阪(ハウジング・デザイン・センター大阪)

一歩先の未来を見つめた住まい方を発見できる

食から広がる暮らしを提案
:実績ある神戸に引き続き、ナレッジキャピタルに出店される目的はなんですか。
約20年前にHDC神戸をオープンさせ、現在でも多くのお客様から支持をいただいています。さほど遠くない大阪にHDC大阪をオープンさせるメリットはやはり立地でしょうか。西日本最大のターミナルである大阪駅、グランフロント大阪の新しい街づくりなど、回遊性・集客性という点で、神戸とはまた違った住まいやくらしの情報複合施設としての発信ができると考えました。
HDC営業部 サブマネージャー 小林正人さん
2013年4月現在
:HDC大阪ではどんな展開をされるのでしょう。
HDC神戸はビル1棟で住まいやくらしの提案をおこなっています。HDC大阪の場合は、神戸に比べるとコンパクトなスペースですので、「KDLテリア」(Kitchen・Dining・Living+α)をコンセプトとして、食空間からはじまり、広がる視点で住まい全体のトータルコーディネイトを提案していきます。 キッチンを中心とした4つのショールームとダイニング・リビングを彩る家具・インテリア・ファブリック・テーブルウェアなどの4つのお店はそれらを具体的にイメージできる構成となっています。
HDC大阪ならではの“住まい”の提案がいっぱい
:キッチン付きのイベントスペースがあるとお聞きしましたが。
「C terrace(Cテラス)」ですね。「C terrace」はガスとIHの両方が使えるマスターキッチンがあり、調理デモンストレーションや体験料理教室、食生活に関するイベントなどを中心に展開します。また、FLSテナントや外部企業とのコラボレーションも企画し様々な体験型イベントを開催していきます。
新しいサービスとして、オープンに合わせてオリジナルアプリを立ち上げるのですが、ニックネーム、アドレスなどを入力するだけで情報会員になることができ、最新のイベント情報などを見ていただけます。また、都心立地を活かしたファンづくりの一環として、「HDC美人塾」を6月頃より平日の夜に開催する予定です。それ以外にもお弁当コンテストなど幅広い層にお楽しみいただける参加型イベントを開催することで、HDC大阪の存在をアピールしていきたいと考えています。
店舗ページへ戻る

PAGE TOP