インタビュー|好日山荘|フューチャーライフショールーム|施設ガイド|ナレッジキャピタル

好日山荘

ショップ+ジムだけではない、情報発信型フラッグショップ

学んで、チャレンジするための情報が満載
:ナレッジキャピタルに出店される目的を教えてください。
弊社は山の専門店として、山での経験が豊富で専門知識を持ったスタッフが接客を行い、全国で50店舗を展開しています。その中でもグランフロント大阪店は、これまでの大阪駅前第三ビルにあった大阪梅田店に代わる旗艦店としてのポジションを持たせながら、ナレッジキャピタルのコンセプトでもある「知識の城」にふさわしい進化した形態の店をめざしています。
ゼネラルマネージャー
早川幸宏さん
2013年4月現在
:「フロア」の構成をお聞かせください。
フロア面積はトータルで460坪。5階が店舗、6階にはクライミングが体験できる「グラビティリサーチ」で構成されています。
:まず「店舗」から具体的な内容をお聞かせください。
弊社ではお客様に登山や自然を安全に楽しんでいただくため、毎年、東京・名古屋・大阪・で登山学校を開催しています。机上講座は、年間約70講座、登山実技講座は、年間約130講座を開催し、その内、机上と実技の組み合わせた講座はは人気が高く45講座開催を予定しています。これまでは、既存店舗のスペース上、机上講座を店舗外の会場で開催していましたが、グランフロント大阪店では、店内に「マウントラボ」というセミナールームを常設していますので、例えば道具の紹介なども実物をお客様に見ていただきながら行えるのでより充実した情報をお伝えできると考えています。
また、山専門の山岳ツアー専門のプロが常駐する、旅行代理店アトレステックのツアーデスクを併設していますので、受講したあと、その足でツアーの申し込みも可能です。
まずは体験することから、山を好きになる
:6階の「グラビティリサーチ」についてもお聞かせください。
約100坪の「グラビティリサーチ」は専門ショップを併設したクライミングジムです。神戸、なんば、四日市に続いてグランフロント店で4軒目となります。梅田はファッショナブルなエリアですので、ユニフォームの格好良さなどスタイルからクラインミングに入っていただくのもひとつのきっかけになると思っています。
また、グランフロントは駅から直結しているアクセスの良さから、仕事帰りに気軽にクライミングを楽しんでいただけます。
:オープン後すぐに何かイベントなどを企画されていますか。
5月4日には、日本を代表するクライマー平山ユージさんのトークショーとクライミングデモンストレーションを行います。また、5月18日(土)はボルタリング、ビッグウォール、高所登山とオールラウンドに活躍する英国を代表するクライマー、レオ・ホールディングの来日にあわせてクライミングジムにてクライミングレクチャーを開催。またナレッジキャピタルのカンファレンスルームでは彼がアウタナ山を登る姿を追った、ドキュメンタリー映画の特別先行試写会を開催します。
また、日程は確定していませんが、いま人気のノルディックウォーキングの体験会や小学生向きのクライミング体験会なども考えています。
:最後にオープンにむけての抱負を語っていただけますでしょうか。
「次に登る日をいい日に」を合い言葉に、山に関わるあらゆる情報とものを扱う“山のデパート”として、山に行って良かった、次はここに行ってみたいと思っていただけ、わくわくして愛される店舗づくりをめざしています。
店舗ページへ戻る

PAGE TOP