インタビュー|SUNTORY WHISKY HOUSE|フューチャーライフショールーム|施設ガイド|ナレッジキャピタル

SUNTORY WHISKY HOUSE

大阪から、ウイスキーのある豊かなライフスタイルの提案

:FLS出店の目的をお聞かせください。
ハイボールでウイスキーを楽しんでいただく人の裾野が広がった今、さらに幅広いウイスキーならではの魅力、美味しさ、楽しさを体験できる「サントリーウイスキーハウス」をこの大阪にオープンし、「ウイスキーのある豊かなライフスタイル」をご提案していきます。
ハイボールだけではないウイスキーの楽しみ方や、ウイスキーの歴史などを知っていただき、さらに生活に身近なものとしてウイスキーを感じていただければと思っております。
スピリッツ事業部 ウイスキー部課長・多田寅さん
企画部・外山左近さん
2013年4月現在
:店舗の内容についてご説明ください。
大きく分けて三つのエリアに分かれています。まず一つ目は、「Gallery 樽ものがたりエリア」エリア。ウイスキーの樽材を再利用した家具シリーズ「サントリー樽ものがたり」を展示・販売する体感型ショールームを開設します。
生まれてからウイスキーを熟成する樽材として何度も使用され、100年以上の長い時を経たオーク材を、テーブルや椅子などに生まれ変わらせることで、ウイスキーのある豊かなライフスタイルを味わってもらいたいという思いを込めています。
また古き良き時代の大阪を発祥の地として、発展を続けてきたジャパニーズウイスキーの匠の歴史と技、そして世界に誇る品質の高さについて、解りやすく、楽しく知ることが出来るスペースを設置しました。昔懐かしいポスターや、山崎蒸溜所の写真や映像、大変貴重な秘蔵ボトル、万博記念ボトルや花博記念ボトルまでも展示し、懐かしさとともに、ウイスキーの深い魅力をお楽しみいただけます。
ギャラリーを抜けると広がるのが、いよいよ実際にウイスキーを堪能いただける二つ目のエリア「Whisky Dining WWW.W」です。
こちらでは、ウイスキーを最高に楽しんでいただける飲み方やメニューを提案し、ウイスキーとの相性にこだわった様々なジャンルのお料理をお楽しみいただけます。
さらに奥には、ウイスキーを気軽にボトルキープして、上質な時間を楽しめる三つ目のエリア「Whisky Bottle Bar」も設けました。
ウイスキーづくり100周年を見据えた日本発のウィスキー専門施設
:主なお客様層についてお聞かせください。
ハイボールでウイスキーを飲んでいただくようになられた方も含めて、もっと身近に楽しんでいただけるウイスキーの魅力を知っていただきたいと思っています。ここでしか体験できない上質な時間を過ごしていただくことで、さらなるウイスキーファンになっていただけるような施設を目指しています。
そのため、ギャラリーだけでなく、ダイニングにおいてもウイスキーの知識や料理を学ぶセミナーなどを計画しています。
:今後のヴィジョンについてお聞かせください。
サントリーの発祥の地、大阪で1923年に山崎蒸溜所が創業。国産ウイスキーの第一歩を踏み出して90年。この節目の年に、100周年までの10年を見据えてウイスキーの魅力を存分に楽しんでいただける、サントリー発のウイスキー複合施設「ウイスキーハウス」を、この大阪に出店できることに大きな喜びと興奮を感じています。これをきっかけに一人でも多くの方に、ウイスキーの幅広い魅力を体験いただき、本当のウイスキーファンになっていただきたいと思います。
店舗ページへ戻る

PAGE TOP