営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

SpringX 超学校 CiDER(大阪大学感染症総合教育研究拠点)×ナレッジキャピタル
正しく学ぶ! 感染症から「いのち」と「くらし」を守る講座 season2

第9回 コロナ関連政策にはどれぐらいの効果があったのか?

開催日時
2022年12月23日(金) 19:00〜20:00
開催形式
YouTube Liveによるオンライン開催
参加費
無料
申し込み
不要

コロナ禍では、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置、Go To キャンペーン、マスクの配布など、さまざまな政策が行われました。行動の自粛や営業時間の短縮など、私たちもその影響を少なからず受けましたが、そもそもそれらには、どれぐらいの効果があったのでしょうか。その効果の大きさを踏まえた上で、例えば、大阪市が飲食店の営業時間短縮に対して支払った協力金は、適正な金額だったと言えるでしょうか。
この講義では、データから因果関係を統計的に推定していく「因果推論」の手法を使って、コロナ関連政策(特に、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置)の影響を分析した内容をお話しします。

講師紹介

北村 周平 氏

大阪大学感染症総合教育研究拠点 特任准教授(常勤)

1984年生まれ。経済学者。ストックホルム大学国際経済研究所Ph.D.(経済学)。米ロチェスター大学ワリス政治経済研究所ポスドク、大阪大学大学院国際公共政策研究科専任講師・准教授を経て、2021年から現職。専門は、政治経済学、経済発展論。大学では計量経済学(因果推論)の授業を担当し、行政データ、実験データなどさまざまなデータを使った実証研究を行っている。近著に『民主主義の経済学』(日経BP社)。

開催概要

開催日時 2022年12月23日(金) 19:00〜20:00
会場 YouTube Liveによるオンライン開催
参加費 無料
申し込み 不要
タイトル SpringX 超学校 CiDER(大阪大学感染症総合教育研究拠点)×ナレッジキャピタル
正しく学ぶ! 感染症から「いのち」と「くらし」を守る講座 season2
第9回 コロナ関連政策にはどれぐらいの効果があったのか?
講師 北村 周平 氏(大阪大学感染症総合教育研究拠点 特任准教授(常勤))
共催 CiDER(大阪大学感染症総合教育研究拠点)
一般社団法人ナレッジキャピタル
注意事項 ・進行状況により予定の時間が変更する場合がございます。予めご了承ください。
お問い合わせ SpringX事務局:springx@kc-i.jp
TEL:06-6136-6386
受付時間:平日 10:00〜17:00

PAGE TOP