大阪大学COデザインセンター × ナレッジキャピタル -対話で創るこれからの「大学」- 第1回 価値をわたしたちのものにする|超学校|アクティビティ|ナレッジキャピタル

大阪大学COデザインセンター × ナレッジキャピタル
-対話で創るこれからの「大学」-

第1回 価値をわたしたちのものにする

大阪大学COデザインセンター × ナレッジキャピタル -対話で創るこれからの「大学」-
第1回 価値をわたしたちのものにする

時間
2017年8月2日(水) 19:00〜20:30 ※開場18:30
会場
CAFE Lab. / グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F

今回登場するのは、京都の創業100年紙器工房四代目の大西景子さんです。「箱の価値観をかえたい」という想いから、貼箱ブランド『BOX&NEEDLE』を立ち上げました。

そんな大西さんとお話するのは、哲学者のほんま なおきさんです。哲学カフェなどの様々な対話の場をつくってきました。

好きなお洋服、好きな色、好きな雑貨の話題でも大いに盛り上がりそうなお二人ですが、今回は「学ぶ環境を整えるとは?」「既存の価値を問い直すには?」をテーマに、共に考えてみたいと思います。

講師

ほんま なおき

大阪大学COデザインセンター准教授

大阪大学COデザインセンター准教授。臨床哲学を専門に、哲学対話の実践、こどもの哲学、ジェンダー論、身体・映像・音楽表現の実践的研究に取り組む。著書に『ドキュメント臨床哲学』、『哲学カフェのつくりかた』(共編著)。『アートミーツケア叢書』を監修。

大西 景子

BOX&NEEDLE代表/ラーニングデザイナー

こどものミュージアムにて、MIT メディアラボなど企業と協働してワークショップの開発を行う。独立後、ワークショップのオーダーメイドデザインを行う。個人事業の傍ら、100年続く家業の貼箱工房の4代目として、2009年に世界初の箱の専門店「BOX&NEEDLE」をオープン、東京・二子玉川と京都に直営店がある。世界中のクリエイターとオリジナルの紙の開発を行うほか、伝統工芸を次世代につなぐ箱作ワークショップは1万人以上が参加。世界各地でワークショップや講演を行なう。著書に『BOX & YOU 箱をたのしむ本』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~』(マイナビ)。

参加の事前申し込み

本講義は終了致しました。

お申し込みに関する注意事項を必ずお読みください。

開催概要

開催日程 2017年8月2日(水)
開催時間 19:00〜20:30 (開場 18:30)
※19:15を過ぎても会場に到着されていない場合は、キャンセル扱いとし、お席の確保はできかねますので、あらかじめご了承ください。
会 場 CAFE Lab.
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F アクセス
定 員 50名(高校生以上 / 本ページからの事前申し込み / 申込先着順)
※キャンセル待ちはお受けできません。予めご了承ください。
参加費 500円(1ドリンク代)
テーマ 価値をわたしたちのものにする
講 師 ほんま なおき(大阪大学COデザインセンター准教授)
大西 景子(BOX&NEEDLE代表/ラーニングデザイナー)
お申し込みに関する注意事項 ※申込みフォームからのみ受付しております。お電話・メール等では受付けいたしませんので予めご了承ください。
※お申込み後、万が一、キャンセルをされる場合はなるべく早めのお手続きをお願いいたします。
※開催日当日、開始時刻を15分過ぎても会場に到着されていない場合は、キャンセル扱いとし、お席の確保はできかねますので、あらかじめご了承ください。
※お申込みキャンセル待ちの受付は行っておりません。悪しからずご了承くださいませ。ただし、一度、満席になった場合でも、お申込みされていた方がキャンセルされた場合、事前予約システムで空席が出ることがありますので、こまめにご確認いただければ幸いです。
お問い合わせ 一般社団法人ナレッジキャピタル
TEL:06-6372-6530
お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP