【1月27日更新】営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

SpringX 超学校 みんぱく×ナレッジキャピタル コトバとつきあう

第3回 身体の違いとことばの多様性編

手話通訳配信はこちら
開催日時
2022年10月7日(金) 19:00〜20:00
開催形式
YouTube Liveによるオンライン開催
参加費
無料
申し込み
不要

多様な人がいるという認識が当たり前になっている現代ですが、今回の講義では特に「身体の多様性」と「コトバ」の関係についてお話します。社会には、声を発して聴覚を頼りにコミュニケーションをとる音声言語だけではなく、手・眉・顎・肩の動きのコンビネーションによって意思疎通する手話言語、一連の手の動きを触ることで理解する触手話や、相手の手の甲を指で叩く事でコトバを表現する指点字など、身体の特徴に合わせたさまざまな形態の言語やコミュニケーションが存在します。「なぜ手話は言語であるといえるのか?」という言語の定義や、身体の特徴に合わせた様々な言語コミュニケーションについてご紹介します。自分のなかのコトバ観を一緒に問い直してみませんか?
※本シリーズは日本手話の同時通訳配信を実施いたします。(ただし、ライブ配信時のみ)

特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」のご案内 各回の受講アンケートにご回答いただいた方は特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」を団体割引料金で観覧いただけます。
利用方法の詳細は、アンケート回答後に表示されるURLよりご確認ください。
※アーカイブ視聴でもアンケートにご回答いただけます。(回答期限:2022年11月11日)
会期・観覧料等の詳細は 国立民族学博物館ウェブサイト をご覧ください。

講師紹介

中島 武史 氏

兵庫教育大学 障害科学コース 講師 / 関西学院大学手話言語研究センター 客員研究員

聞こえない親を一人以上もつ聞こえる子ども「CODA(Children of Deaf Adults)」で、日本語と手話の使用者。2007年より大阪市立聾学校、大阪府立だいせん聴覚高等支援学校で勤務。現在は、兵庫教育大学での勤務と関西学院大学手話言語研究センターの客員研究員を兼ねる。著書に『ろう教育と「ことば」の社会言語学‐手話・英語・日本語リテラシー』生活書院、「コーダイメージと言語意識‐移民の子どもとの類似・相違」『社会言語学』19号、などがある。

開催概要

開催日時 2022年10月7日(金) 19:00〜20:00
会場 YouTube Liveによるオンライン開催
参加費 無料
申し込み 不要
タイトル SpringX 超学校 みんぱく×ナレッジキャピタル
コトバとつきあう
第3回 身体の違いとことばの多様性編
講師 中島 武史 氏(兵庫教育大学 障害科学コース 講師 / 関西学院大学手話言語研究センター 客員研究員)
共催 国立民族学博物館
一般社団法人ナレッジキャピタル
注意事項 ・進行状況により予定の時間が変更する場合がございます。予めご了承ください。
お問い合わせ SpringX事務局:springx@kc-i.jp
TEL:06-6136-6386
受付時間:平日 10:00〜17:00

PAGE TOP