未来社会のデザインを考えるシリーズ「集まり」と「交わり」の文化論 第4回 淀川は結ぶ! 大坂町人ネットワーク ~ある米屋親子のサロンと交遊~|超学校|アクティビティ|ナレッジキャピタル

未来社会のデザインを考えるシリーズ「集まり」と「交わり」の文化論

第4回 淀川は結ぶ! 大坂町人ネットワーク ~ある米屋親子のサロンと交遊~

時間
2018年11月20日(火) 19:00〜20:30 ※開場18:30
会場
CAFE Lab. / グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F

江戸時代後期の大坂。淀川縁には、ある米商人の親子がいました。父の名は岡田米山人、子は岡田半江。彼らは芸術家、学者、商人、医者、あるいは僧、あるいは武士など、身分を超えて様々な人たちと交遊し、一つのサロンを形成しました。彼らの集まりの軌跡は、彼らが筆をともにした絵画作品として残されています。それら絵画をはじめとして、多くの史料をもとに当時の大坂町人たちの、豊かな人と人との交わりの世界を紐解きます。

講師

中谷 伸生

関西大学文学部教授

1949年、高知県に生まれ大阪で育つ。1981年、関西大学大学院博士後期課程単位取得後退学。1982年~91年、三重県立美術館学芸員・学芸課長。1992年、関西大学文学部助教授。1997年、教授。1999年~2000年、英国の大英博物館に留学。専攻は日本近世近代美術史。著書に『大坂画壇はなぜ忘れられたのか』(醍醐書房、2010年)など。文学および文化交渉学博士。

明尾 圭造

大阪商業大学公共学部准教授・同商業史博物館主席学芸員

1961年布施市(現東大阪市)生まれ。関西大学大学院博士前期課程修了。専門は日本近世文化史・大阪画壇。共著書『モダニズム出版社の光芒』(淡交社)、『モダン道頓堀探検』(創元社)、『古地図で見る阪神間の地名』(神戸新聞総合出版センター)、企画担当展覧会「阪神間モダニズム」「モダニズムを生きる女性」「伊勢物語と芦屋」「菅楯彦の世界」「北野恒富と中河内」など。

ご来場時の受付方法はQRコードをご提示ください。

ご来場時の受付方法が変更になりました。
ご来場時イベント会場にて、QRコードをご提示いただき入場受付を行います。QRコードの取得方法は、事前申し込みの際に到着する「受付完了メール」よりご確認ください。

※取得されたQRコードをご提示いただけるよう、「参加票QRコード」をプリントアウトしてご持参いただくか、または携帯端末に表示した状態で受付にお越しください。
事前申し込み
本講義は終了致しました。

お申し込みに関する注意事項を必ずお読みください。

開催概要

開催日程 2018年11月20日(火)
開催時間 19:00〜20:30 (開場 18:30)
※開始15分を過ぎても会場に到着されていない場合は、キャンセル扱いとし、お席の確保はできかねますので、あらかじめご了承ください。
会 場 CAFE Lab.
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F アクセス
定 員 50名(高校生以上/ 本ページからの事前申し込み / 申込先着順)
※キャンセル待ちはお受けできません。予めご了承ください。
参加費 500円(1ドリンク代)
テーマ 淀川は結ぶ! 大坂町人ネットワーク ~ある米屋親子のサロンと交遊~
講 師 中谷 伸生(関西大学文学部教授)
明尾 圭造(大阪商業大学公共学部准教授・同商業史博物館主席学芸員)
聞き手 佃 一輝(煎茶家)
お申し込みに関する注意事項 ※申込みフォームからのみ受付しております。お電話・メール等では受付けいたしませんので予めご了承ください。
※お申込み後、万が一、キャンセルをされる場合はなるべく早めのお手続きをお願いいたします。
(キャンセル手続きはご予約完了時にお送りするメールからお手続きいただけます。)
※開催日当日、開始時刻を15分過ぎても会場に到着されていない場合は、キャンセル扱いとし、お席の確保はできかねますので、あらかじめご了承ください。
※お申込みキャンセル待ちの受付は行っておりません。悪しからずご了承くださいませ。ただし、一度、満席になった場合でも、お申込みされていた方がキャンセルされた場合、事前予約システムで空席が出ることがありますので、こまめにご確認いただければ幸いです。
※同一内容の重複お申し込みは、お断りさせていただいております。発見した場合、受付をキャンセルさせていただきますので予めご了承ください。なお、代理のお申し込みをされる場合は、参加される方のお名前をご登録お願いします。
お問い合わせ 一般社団法人ナレッジキャピタル
TEL:06-6372-6530
お問い合わせフォームはこちら
事前申し込み
本講義は終了致しました。

お申し込みに関する注意事項を必ずお読みください。

PAGE TOP