超学校ONLINE シンギュラリティサロン@SpringX 新型コロナウイルスとシンギュラリティ (シンギュラリティサロン #42) |バーチャルSpringX|バーチャルナレッジキャピタル|アクティビティ|ナレッジキャピタル

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
一部店舗・施設で営業時間を変更しております。

新型コロナウイルスとシンギュラリティ
超学校ONLINE シンギュラリティサロン@SpringX ドラマ『アップロード』とマインドアップローディング
(シンギュラリティサロン#43)
2020年10月11日(日) 13:30 - 15:30
参加費:無料 / YouTube Liveで配信 ※視聴URLはお申し込みされた方へご案内いたします。
受付締切:2020年10月11日(日) 15:30
主催:シンギュラリティサロン
共催:株式会社ブロードバンドタワー、一般社団法人ナレッジキャピタル
問い合わせ先:シンギュラリティサロン事務局 admin@singularity.jp

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、将来、人工知能の能力が人類のそれをはるかに超え、その結果として科学技術が猛烈なスピードで発展しはじめるときのことを言います。人間を超越する「超知能」が生まれたとき、人類の歴史はどこへ向かっていくのでしょうか。シンギュラリティサロンは、シンギュラリティに向かう専門家、一般市民の意識改革を促すべく、2015年より講演や勉強会を重ねています。新型コロナウイルス「自粛」後、SpringX超学校ONLINEから、リアルとバーチャルを横断するシンギュラリティサロンとして再始動しました。

今年、 Amazon Primeビデオで配信され、話題になったドラマ『アップロード〜デジタルなあの世へようこそ〜』シーズン1。このドラマの舞台となっているのが、マインドアップローディングが可能になった近未来です。先日、イーロン・マスクのニューラリンク社による脳直接接続技術の発表もあり、この技術に夢と恐怖を同時に感じている人も多いのではないでしょうか。

今回のシンギュラリティサロンは、ドラマ『アップロード』に登場する技術やストーリーを追いながら、マインドアップローディングにかかわる諸問題、シンギュラリティに至る技術と社会課題について考えていきます。
※講演および座談会はドラマ『アップロード』に関する***ネタバレアリ***で行いますので、未視聴の方はご注意ください。

第1部 講演:塚本 昌彦 氏
第2部 座談会:塚本 昌彦 氏・松田 卓也 氏・小林 秀章 氏 / 質疑応答

講師
塚本 昌彦 氏神戸大学大学院 工学研究科教授
工学博士。シンギュラリティサロン副主宰。ヒューマンインタフェースの研究を進める一方、「ウェアラブルの伝道師」として、全国各地のイベント・メディアで、ウェアラブルデバイスの普及活動を精力的に続けている。
松田 卓也 氏神戸大学 名誉教授
理学博士(天体核物理学)。シンギュラリティサロン主宰。研究のかたわら、ニセ科学批判にも力をそそいできた。近年は京都某所の「秘密研究所」にて人工知能の研究を進めながら、迫りくるAI社会とシンギュラリティの啓蒙活動に取り組んでいる。
小林 秀章 氏「セーラー服おじさん」
シンギュラリティサロン常連聴講者。某印刷会社で知性派エンジニアとして活躍する一方、「セーラー服おじさん」として国内外に出没、日本のオタクカルチャーのアイコンとなっている。人間の「意識」の謎に取りつかれている。
司会
保田 充彦 氏ナレッジキャピタル・リサーチャー、株式会社XOOMS代表
お申し込みはこちら
※本プログラムのお申し込みは外部サイト(Peatix)よりお進みください。

プログラムリスト

一覧へもどる

PAGE TOP