【8月20日更新】営業時間のお知らせ
【8月20日更新】新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
【重要】なりすましECサイト(偽サイト)にご注意ください

映画祭テーマにちなんだ
コラボメニューが登場

「SSFF & ASIA OSAKA 2016」のパンフレットをレジでご提示で、

ご利用お会計より10%OFF

※パーティーコースは割引対象外とさせていただきます。※他の割引との併用は不可とさせて頂きます。※有効期限2016年9月30日

くつろぎと学びがある、コミュニケーションカフェ。

グランフロント大阪北館1階の「カフェラボ」では、本映画祭のテーマ「シネマカーニバル」にちなんだオリジナルメニューを開発。

※掲載の金額は税込価格です。アレルゲンは店頭スタッフにお尋ねください。
※掲載の写真はイメージです。

  • 日時:9月1日(木)~25日(日)

    時間:11:00~23:00(LO.22:30)

  • 場所:グランフロント大阪 北館1F

    ※テイクアウト可

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIAとは?

米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭。新しい映像ジャンルとして「ショートフィルム」を日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優の別所哲也が創立。1999年に東京・原宿で誕生しました。初年度は映画『スターウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムも6作品上映し、その後も毎年応援の声をいただいています。2001年には「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と名称を改め、2004年には米国アカデミー賞公認映画祭として認定されました。これにより、映画祭のグランプリ作品が、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になり、日本からオスカー像を手にする若手が出現する可能性への架け橋ができました。また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から、同年に「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が誕生。現在、この2つの映画祭が"SSFF & ASIA"として開催されています。上映内容は、オフィシャルコンペティションをはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されています。

上映プログラムはこちら
Web予約はこちら

大阪オリジナル企画

「SSFF & ASIA 大阪 2016」企画では多彩なプログラムやイベントをご用意!
大阪独自のプログラムとしてドイツアニメーション特集・台湾特集などの上映や、"食"と"ショートフィルム"を掛け合わせた新しい観賞スタイル「EAT FILM」を今年も実施します。各日の第一プログラム(10:30~12:20)では、グランフロント大阪北館4階にある「Café & Meal MUJI」の日替わりパンを先着300名に無料でプレゼントします。
さらに、上映後のお楽しみとして、多彩なゲストによる充実のアフタートークも開催します。

大阪独自企画はこちら

PAGE TOP