マルシェ|サレナ・ アーリック|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

  • 2015.09.25
  • マルシェ
私は駐車場の近くに住んでいます。
平日は人の姿を見ることのない寂しい場所です。でも、特別な日、たとえば日曜日などには、フランス文化の真髄である マルシェ(青空市場)が開かれます。マルシェほどフランスらしいものはないでしょう。鮮やかな赤や緑の地元の野菜は美しいだけでなく、香りも豊かです。

1
シーズンの終わりに近づいているフレッシュ・トマトとアーティチョーク


2
鮮やかな色の地元産プラム


住民数15,000人に満たない町ですが、スペインのイベリコハムやイタリア人のお母さんが作った本場のラビオリがあり、私の知識をはるかに超える種類のチーズやオリーブがあります。

3
色も味も大胆な手作りのイタリアン・ラビオリとペースト


4
これ以上ないほど種類豊富なオリーブ


5
フランスのチーズ(一部はこの地域の限定品)


フランスの食料品にはフランスでしか売られていないものがあまりに多く、地域限定品さえあります。 このような国や地域へのこだわりはグローバル化した世界では珍しいでしょう。フランス文化の存続に不安を感じたら、地元のマルシェに行けば、決して変わることのないものを見ることができます。私は最初、食料を目当てにマルシェへ行くのですが、スタンドの人の人柄に惹かれると、その人を目当てに再び足を運ぶこともあります。

6
地元の人にアドバイスする仕事熱心な露天商

スタンドで働く人たちは全員、何をいつ食べればいいか熟知しています。私が果物屋で食べごろのドーナツ・ピーチを買い求めると、そのスタンドの女性は、「ドーナツ・ピーチにはまだ早いですよ。いまはメロンを食べなさい。いまなら完璧に熟して、香りもいいですよ」 と、すぐに私の依頼を却下しました。彼女の命令にも等しいアドバイスは、私のささやかな楽しみよりも、メロンの旬を逃さないことの方が大切だと言わんばかりです。日本のメロンほど甘くて香りの高いメロンはないと思いますが、私は負けを認めて勧められた果物を買って帰りました。結果ですか?きっと来週も空のカゴを持って、何を買うか決めずに彼女のスタンドに向かうでしょう。甘く、香り高い、まるで夏のように完璧な味わいでした。

名称未設定-1
さわやかな太陽の下で完璧に熟し、個別に包装されたメロン


特派員

  • サレナ・ アーリック
  • 年齢辰(たつ)
  • 性別女性
  • 職業MBA学生

私は常に移動している探検家です。これまで5大陸11か国に住み、その後、フランスのフォンテーヌブローにたどり着き、現在はMBAの取得を目指しています。 多様な文化を取り入れることに情熱を燃やし、新しい文化に対する好奇心は尽きることがありません。大阪と名古屋で暮らした経験もあり、片手にお好み焼き、もう一方の手にたい焼きを持って日本中を食べ歩きました。現在はフランス人から生活を楽しむ方法を学んでいます。

サレナ・ アーリックの記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP