• イタリア ジェノヴァ
  • 特派員パトリツィア・ マルゲリータ

生まれはイタリアですが自らの意思で「多文化人」となり、5ヶ国語が話せます。米国、ブラジル、オーストラリア、フランス、イギリスで暮らし、仕事をした経験があります。イタリアと米国の国籍を持っていますが、私自身は世界人だと思っています。教師や翻訳の仕事をしていない時は、イタリア料理を作ったり、ハイキングをしたり、世界各地を旅行したり…これまで58カ国を旅しましたが、その数は今も増え続けています!

  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.07.24
  • リグーリアの丘でグルメなハイキングはいかが?
  • リグーリア地方の夏のお楽しみの筆頭はアウトドアのレジャーですが、「食」も忘れてはいけません。風光明媚な我らがリグーリアにおいては、「サグレ」と呼ばれる様々なフードフェスティバルも夏の風物詩の一つだからです。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.06.15
  • イタリアでベジタリアン・ライフ
  • 世界的に有名なスコットランド人シェフのゴードン・ラムゼイが、自身のレストラン初となるビーガン(肉・魚の他、卵・チーズ・ミルクなども摂らない厳格な菜食主義者)向けのピッツァの画像をSNSにアップしたからには、菜食主義やビーガニズムの人気の高まりは、もはや公然の事実と言ってもいいでしょう。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.06.01
  • アドベンチャーパークで自然と戯れよう
  • 気温が少し高くなってくると、週末の日中だけでも暑さから逃れたくなるもの。ジェノヴァからちょっと車を飛ばした場所にある素晴らしいアドベンチャーパークでは、涼しい山の木々の中、アクロバティックなコースを選ぶことで大いなる冒険が楽しめます。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.05.23
  • 海だけなんて、もったいない
  • リグーリア地方といえば、泳いだり浜辺でのんびりしたりするための、いわゆる海辺の町というイメージが強いでしょう。リグーリアという土地で、野山や雪の中をハイキングしようと考える人は少数派。でも実は、ぜひとも雪靴を履いて散策をしてほしい場所が、このあたりにはたくさんあるのです。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.05.08
  • 二つの愛称を持つ町、アラッシオのお話
  • 私の住む美しい地方には、とある「壁」があることで全国的に有名な、小さなビーチリゾートの町があります。アラッシオのMuretto(「小さな壁」を意味するイタリア語)は、リグーリア地方のこの町の比類なきシンボル。二つあるこの町の愛称の一つが「小さな壁の町」です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.03.29
  • セボルガ、独立の日を目指して
  • れらがリグーリア地方のインぺリア県にある自称独立国セボルガで、「クーデター」が起こっています。セボルガはリグーリア州の西海岸にある小さな町で、フランスとの国境からも遠くありません。ここを「統治(実際には運営)」している自称「大公」のマルチェッロは、数年越しの闘争も空しく、イタリアからの正式な独立をいまだ果たせていません。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.03.16
  • 甘い伝統菓子パンドルチェ
  • 単なる伝統菓子にあらず。ランテルナ(灯台)のようにジェノヴァの代名詞のような存在。天然酵母を使ったパン種にシロップ漬けの甘いフルーツが練り込まれた姿は、ランテルナ同様、数百年前と変わらぬ面影を今に伝えるジェノヴァ名物の一つです。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.03.02
  • リグーリア海に生きるクジラ目の生き物たち
  • ほんの数十年前、リグーリア海にはイルカやサメ、クジラがたくさん生息していました。しかし、大規模な漁により生息地が壊滅し、餌の確保が難しくなってきたため、この数年間はそれらの生き物が激減しています。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.02.19
  • 花咲く海岸線
  • ジェノヴァからヴァンティミリアまで伸びる海岸線は、リヴィエラ・デイ・フィオーリ(「花のリヴィエラ」の意)と呼ばれています。実際、イタリアを代表する花の生産地といえばまっさきに我がリグーリア州、とくにジェノヴァからフランスとの国境あたりを連想する人は多いでしょう。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.02.05
  • ジェノヴァで見つけた、とっておきの数々
  • ジェノヴァは見どころが多い街で、その謎めいた魅力の象徴とも言える歴史中心地区には、迷路のように入り組んだカルッギ(幅の狭い路地)のあちこちに、地元民にすら知られていない面白い場所や出来事がひそんでいます!
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.01.22
  • 1都市で2人の教皇を誕生させた街
  • ジェノヴァの近くに、2人の教皇が「誕生」して有名となったサヴォーナという小さな街があることはあまり知られていません。実は1400~1500年代に2人の市民が教皇の座に就いていて、2人の教皇の輩出を誇る世界唯一の都市なのです。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2018.01.05
  • 三博士と良い魔女と甘い石炭
  • 今の季節を歌った有名な曲の一節のように、「それは一年で最高に素敵な季節!」の到来です。クリスマスと大晦日は誰もが大好きなお祝いですが、注目度で言えば劣るものの、イタリア(と、カトリック信者が多い国々)にはそれらとは別の祝日があります。それは、1月6日の公現祭、別名「東方の三博士の日」です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.12.05
  • 石づくりのイタリアの至宝
  • カステッロ・デッラ・ピエトラ(別名Castle in the rockまたはStone Castle)というその名も印象深い建物は、リグーリア地方有数の要塞建築です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.11.21
  • ジェノヴァの歴史的名所、ランテルナ
  • ジェノヴァは「荒っぽく手強いが、ごまかしのない街」と言われています。この街のことは大嫌いになるか大好きになるかの二択。好きでも嫌いでもないという意見はあまり聞きません。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.10.26
  • 静寂の1分間
  • ジェノヴァから電車で1時間ほどの距離にあるサボナは、リグーリア地方で2番目に大きな街です。 サボナ名物として挙げられるのは、ホワイト・ファリナータと呼ばれるモチモチした食感が特徴の平たい小麦パン、プリアマール要塞、そして街の中心地にある「戦没者の広場」ことマメーリ広場です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.10.05
  • ジェノヴァが理想郷と呼ばれない理由
  • フォカッチャ、水族館と港、ペスト・ジェノヴェーゼ(バジリコのペースト)で有名な美しい都市ジェノヴァ。延々と続く見事な海岸線に周囲を囲まれた景観は間違いなく一見の価値があるけれど、残念ながらイタリアの中でも土地の住民の悪評が高く、理想の楽園とは言い難いのも、ここジェノヴァの特徴です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.09.15
  • 船乗りたちの町
  • ジェノヴァについて口で説明するのは難しく、とにかく住んでみなければ分からないと言われるのは、都市という意味でも、また社会生活の点でも、言葉にすれば矛盾が生じるからです。暗い路地もあれば上品な目抜き通りも多いこの街ですが、探検や海の冒険という過去の名残を留めているという点は、すべての場所に共通しています。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.09.06
  • ジェノヴァで世界一周旅行
  • ジェノヴァの主要駅であるピアッツァ・プリンチペ駅の上方、街全体を見渡せる位置に、高貴な世界の名残を漂わせるだけでなく、世界中から集められた逸品が眠っている、シックでエレガントな誇り高き城があるなんて、なかなか想像しにくいかもしれません。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.08.17
  • チンクエテッレという名の楽園
  • モンテロッソ、ヴェルナッツァ、コルニリア、マナローラ、リオ・マッジョーレはいずれも海辺にある5つの村で、その総称が、「5つの土地」を意味する「チンクエテッレ」です。何百年も前から、これらの村は自然そのものをあるべき姿としつつ、人々のニーズとうまく折り合ってきました。最初に農業を目的として作られた段々畑は、この土地をユニークな魅力ある場所にしています。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.07.11
  • 聖なる花の祭典、インフィオラータ
  • 毎年、カトリック教会でCorpus Dominiの祝祭(いわゆる聖体祭のこと)が行なわれる6月末になると、イタリア半島全土の都市や町の通りも広場も、花の装飾で華やかに変身します。本来、聖体祭は三位一体祭の後の木曜日に祝うものでしたが、イタリアでは利便性を考慮した結果、今は日曜日に変更されています。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.07.04
  • リグーリア海、漁師たちの温故知新
  • 夏の到来も近いリグーリア州では、いよいよ観光シーズンが始まります。観光客のお目当てにも様々なものがありますが、その筆頭はやはり海を楽しむことでしょう。ビーチで日光浴をしながらのんびり過ごす人たちもいれば、セーリングや絶叫型スポーツ、水上アクティビティなどでアクティブに楽しみたい派も。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.06.20
  • アーティストと詩人の地
  • レヴァンテのリグーリアン・リヴィエラ(東海岸)の一角にあり、トスカーナとの州境にも近いラ・スペツィア湾は、「詩人の入江」という愛称で呼ばれています。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.05.23
  • グラスアートと陶芸
  • イタリアのリグーリア州といえば、海やビーチ、地元料理、漁師、そして狭い路地に夏のバカンス客が溢れる賑やかな小さな村などがよく連想されるのですが、応用美術の分野においては、リグーリア州は窯業と吹きガラスの代名詞です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.05.08
  • イタリアの風習と社交術
  • ファッションと流行について第一印象の良さをとても重視するイタリア社会では、何はさておき、身だしなみや洋服、立ち居振る舞いなどの見た目によって判断されると
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.04.12
  • ハト、ウサギ、そして卵型チョコレート
  • キリスト教の祝祭がイタリアの伝統的な慣習を表していることが多いのは言うまでもありません。それらの祝祭はもちろん信仰を表しているのですが、最近では社会的な意味合いも強くなり、地域の結束を意味したりもしています。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.04.03
  • 過去へのタイムトラベル
  • 女の子ならきっと誰もが一度はお姫様になることを夢見、男の子であれば誰もが一度は時空間の旅をしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。そんな夢をかなえられるのが、ここサヴォワ家の豪邸で年に1度以上開催される
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2017.03.23
  • トロンプルイユとカラフルなファサード
  • ここリグーリア州、特にジェノバ市周辺と東海岸では、邸宅や普通のビルの多くに豪華で美しい装飾が施されているファサードが見られます。この技法は建築用語で「トロンプルイユ」とよばれ、フランス語で「目の錯覚」を
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2016.01.15
  • 引っ越しの報告
  • パトリツィア・マルゲリータはイタリアジェノバからアメリカポートランドに引っ越しました。これからの更新はこちらからお楽しみください。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.12.14
  • 新年の伝統行事
  • イタリアで採用している暦は、すべての西洋諸国と同じく、国際的に受け入れられている1月1日から始まるグレゴリオ暦で、「西暦」「教会暦」とも呼ばれるものです。新年が始まる日に
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.11.27
  • リグーリア地方の待降節
  • 少し気の早い話になりますが、イタリアで最も重大な祝日がクリスマスであることは間違いなく、多くのイタリア人が一年中この日を心待ちにしています。深夜のミサに参列したり、
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.11.13
  • 死者を偲ぶ
  • イタリアは公式には宗教と政治が分離した世俗国家とみなされていますが、宗教的祭日は今なお健在で、カトリックの伝統どおりに各地で祝われています。クリスマスとイースターに続いて
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.10.30
  • おしゃれ散歩 イタリアのストルシオ
  • イタリアはファッション先進国だけあって、イタリア人はファッションや流行に敏感で、どんなときでもおしゃれに気を配ります。パーティであろうと職場であろうと、エレガントで洗練された
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.10.16
  • 地元の食材とスローフード
  • イタリアでは地元の食材を買う人が増え、特に女性の間で人気が高まっています。 地元で生産された食材は、他の地域や海外の食材のように輸入の手続きを経ずにそのまま家庭の台所で
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.09.11
  • 野外の文化イベント
  • 絵画のような風景と年間を通して温暖な気候に恵まれたリグーリア州の街は演劇、オペラ、コンサート、映画など、野外の文化イベントには最適な環境です。
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.08.28
  • リグーリア料理
  • イタリア料理は世界的に普及して多くの人に愛されていますが、1つの決まった料理があるわけではありません。イタリア料理には多様な地域的特性があり、イタリアの20州それぞれに特有の
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.08.14
  • イタリアでのバールの楽しみ方
  • イタリアのバールには座って休憩するだけのカフェにはない、独自の世界があります。それはカフェであり、ティールームであり、ラウンジバーであり、なにより、声を掛けたり掛けられたり
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.07.31
  • イタリア人のビーチにかける情熱
  • 夏、イタリアのリグーリア州では穏やかな夏の夜を楽しむために友人たちと海辺を歩いたり、夏だけ開業するレストランのパティオで新鮮なシーフードを食べたり、地中海の暖かい水の中を
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ
  • 2015.07.17
  • イタリアのサッカーサポーター
  • イタリア人のサッカー好きは有名です。 男の子は小さい頃から父親とサッカーをしたり試合を見たりして過ごし、女の子はサッカー好きに育てられるので、サッカーはイタリア人の
  • 続きを読む
  • イタリア ジェノヴァ
  • パトリツィア・ マルゲリータ

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP