• 2022.08.19
  • ロンドンで話題? 今、すべてが熱い!
英国、特にロンドンは今、猛烈な暑さに見舞われ、英国の観測史上絶対的な記録を打ち立てた酷暑にロンドンの人たちも参っているようです。
最近では40度まで気温が上昇しています。
事態はさらに悪化する可能性もあります。天気予報では気温は数日以内に43度まで上がると予想されています。

また、猛暑による問題も増えており、軍・民間双方の航空輸送にも影響が出ています。
この暑さで一部の空港では滑走路のアスファルトが溶けだしてしまい、飛行機の離着陸にも支障をきたしているのです。
王立空軍は昨日、こうした事情から今後は代替の空港を利用して離陸を行うと発表しました。
連日の記録的な気温は鉄道にも影響し、線路が一部変形して脱線や事故につながる可能性があるため英国の鉄道は一部の路線で運行を中止しました。
政府は市民に対し午前11時から午後6時までは外出やすべての運動を控えるよう促し、特に病人や高齢者に注意を呼び掛けています。
「水をたくさん飲んで水分補給をしましょう」といったよくある注意喚起はテレビで流れていますが、重要な問題は、ロンドンにはアパートにもオフィスにも、エアコンを設置しているところが極めて少ないということです。
これは本当の話でロンドンは夏でも気温の高い場所としては知られていません。通常は涼しく、どんより曇っていて雨が降ることもあります。
この異常な猛暑で体調を崩してしまい、職場に病欠の連絡を入れるロンドン市民がたくさんいるそうです。
また、エアコンが設置されておらず、健康によくないと思われる環境で働くのは耐えられないという人もいます。
近場に山がないので「クールな場所」を探すのも一苦労です。
プール付きのコンドミニアムや家もほとんどなく、たいていの人は入場料を払って市営のプールへ行くしかありません。素敵なスポットではありますがここ最近は超満員。
プールと言えば、底が透明な世界初の空中プールがロンドンに完成しました。
ウェストミンスターにほど近いナインエルムズという住宅街にある二つの私営ビルをつなぐプールで、テムズ川南岸沿いのロンドンの素晴らしい景色が一望できます。
残念ながら、このプールを利用できるのは一部の住民に限定されています。

さて、猛暑とたたかう話に戻りますが、ロンドンでは、多くの人がショッピングセンターへ行ったり、市内の数ある公園のどこかに行って日陰で休んだりしています。
ロンドン在住の人たちが涼を求めて噴水に飛び込み、ふだんは守っている「決まりを破る」のを初めて見ました。涼んだり頭を冷やして落ち着いたり、いろんな意味で「冷ます」という行為は今の私たちみんなに必要なことですね!最近、争いや事件が増えているのは人間の頭が本当におかしくなってきているからのように思えます。
私はこんな猛暑でも残念ながら仕事をしなければなりませんが、幸い大部分は自宅ですればよいことになっています。
自宅には卓上の扇風機があります。運よく手に入りましたが、最近はみんな欲しがるので店では売り切れているようです。
私が週末に涼みに行くお気に入りの公園は、リッチモンド・パークです。
人通りの多いエリアから少し外れたところにありますが、ロンドンの王立公園では最大の規模を誇る野生の自然あふれる公園です。場所も広大で、さまざまな野生動物がここでの暮らしを楽しみ、植物も青々と生い茂っています。
以前このブログでも記事を書いていますので、詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

リッチモンド・パーク:


特派員

  • ジャンフランコ・ ベロッリ
  • 年齢子(ねずみ)
  • 性別
  • 職業ブロガー/ミュージシャン

私がロンドンに引っ越してきたのは2年以上も前ですが、ロンドンの外国人居住者向けのニュースレターで、この大都市での体験や新しく引っ越してきた外国人向けのアドバイスを紹介するようになったのは昨年からです。ロンドンはとてもダイナミックな街で、だれもが楽しめるものがたくさんありますが、迷うことなく満喫するためには地元の人の目線を参考にすることが大切です。みなさんにロンドンの隠れた魅力をお伝えするガイドになりたいと思っています。

ジャンフランコ・ ベロッリの記事一覧を見る

最新記事

おすすめ記事

リポーター

最新記事

おすすめ記事

PAGE TOP