• 2023.02.27
  • アートな地区とおいしいベーカリー
ロンドンは発見の絶えない街です。
ここには尽きることなく発見がある、また時にそう思えることがあります。市内を散策したり、(私も時々やりますが)チューブに乗って見知らぬ駅で下車し周辺を探索したりすると、もっといろいろ発見することがあります。
賑やかな街ですが、典型的なイギリスの村落の雰囲気を彷彿とさせる、驚くほど静かで落ち着ける場所もたくさんあります。
居心地がよくて、ショップからカフェへ、また別のショップへと一日中見て回れたりもします。
これからご紹介するニールズヤード(Neal's Yard)はまさにそんな場所で、ロンドンで指折りの賑やかなエリアであるコベントガーデンのすぐ近くにあります!
色彩あふれる路地で、街の雑踏に紛れた、あまり人目につかないところにあります。
幻想的な中庭は訪れる人を別の時代の世界へと誘(いざな)います。ホメオパシー(自然療法)の製品のショップやベジタリアンのレストランが軒を連ねるエリアで、人々はナイトライフの喧騒から逃れ、ゆったりと時間を過ごすことができます。
ニールズヤードの名は1600年代末にこの地域を開発した当時の国会議員トーマス・ニールに由来します。
1970年代、この辺りは荒廃しておりネズミがはびこっていましたが、後に再開発され、突如、驚くほどに美しく彩られた広場が出現しました。
何年経っても飽きることのない、貴重な場所の一つです。
一年中いつでも、とても特別な雰囲気に包まれています。
かわいらしい通りにはイギリスらしい装飾があちこちに施され、かわいいカフェやベジタリアンの飲食店がたくさん立ち並んでいます。


とても美しく彩られた、ニールズヤードの広場


また、ストリートアートが好きな人なら、この界隈のあちこちにある作品が楽しめます。また、ミューラル(壁画)自体もその色使いで非常に有名になり、このエリアの再開発に一役買っています。

この辺りにはおいしいカフェやベーカリーがたくさんあり、そこから漂ってくる香りについ誘われてしまいます。特に、パンが焼きあがる朝の時間にお腹を空かせて歩いているときは堪りません!
私が大好きなおすすめのお菓子の一つは、レモンドリズルケーキ(lemon drizzle cake)です。とてもしっとりしたおいしいケーキで、さらに仕上げにグラニュー糖がかかっていたり、アイシングされていたりすれば、一段とおいしくなります。
レモンの風味が強いですが、苦みはまったくありません!
このほか、コーヒー&ナッツケーキ(coffee and nut cake)もおすすめです。アイシングの甘さが際立ちますが、少し苦みが強めのスポンジケーキとの相性は最高です。
ケーキだけでもよし、あるいはクリームを少し添えてもよし、仕上げにヘーゼルナッツを丸ごと一つトッピングしてぜひお楽しみください。
さて、次にコリンケーキ(Colin cake:訳註 Colin the Caterpillar Cakeと呼ばれるイモムシの形をしたケーキ。コリンのほかカーリーなど、販売業者によってイモムシの名前が異なる)をご紹介します。
子ども向けの英語の童話で最も愛されている話の一つに登場するイモムシ(caterpillar:キャタピラー)をご存じの方もおられると思います。チョコレートを使った、素敵なお菓子です。
地元のスーパーでも売っていますが、ニールズヤードにあるベーカリーではその店オリジナルのキャタピラーケーキを作っています。細長い面白い形をしているので子どもたちに人気があり、どこか懐しさを感じさせる姿に、大人の間でもよく知られています。
糖質の塊ではありますが、とってもおいしいんです!
このほか、私はあまり好きではないので一度しか食べたことがありませんが、トリークルタルト(treacle tart)というお菓子があります。
トリークルと呼ばれる糖蜜シロップにパン粉などを混ぜ合わせてペイストリーに流し込み、オーブンで焼くだけなので短時間で作れますが、私のような面倒くさがり屋の人はお近くのベーカリーで買ってみてください。

目にも愉しく胃にも楽しい、ニールズヤードは素敵なところです。
私が保証します!

特派員

  • ジャンフランコ・ ベロッリ
  • 年齢子(ねずみ)
  • 性別
  • 職業ブロガー/ミュージシャン

私がロンドンに引っ越してきたのは2年以上も前ですが、ロンドンの外国人居住者向けのニュースレターで、この大都市での体験や新しく引っ越してきた外国人向けのアドバイスを紹介するようになったのは昨年からです。ロンドンはとてもダイナミックな街で、だれもが楽しめるものがたくさんありますが、迷うことなく満喫するためには地元の人の目線を参考にすることが大切です。みなさんにロンドンの隠れた魅力をお伝えするガイドになりたいと思っています。

ジャンフランコ・ ベロッリの記事一覧を見る

最新記事

おすすめ記事

リポーター

最新記事

おすすめ記事

PAGE TOP