バイオエタノール燃料|皆木サンドラ 奈美|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

【8月20日更新】営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

  • 2021.06.16
  • バイオエタノール燃料
ブラジルでは18歳になると運転免許書を取得することができるので、18歳になるのをとても心待ちにしていた事を思い出します。免許を取ったら父が車を買ってくれたのですが、10年落ちの、後ろが少々ぶつけられた状態の中古車でした。当時「どうせちょこちょこぶつけるんだろ」と父に言われ、確かにそうかもと自分で納得。免許取りたての上、サンパウロの大都会で運転するのですから危ないはず。18歳の娘には似合わない車、とも一瞬思いましたが、やはり運転できる事が私は嬉しくて仕方がなかったです。大学に入学してしばらくすると1年落ちの中古車に買い替えてくれました。それはバイオエタノール燃料で動く車でした。80年代の半ばの話なので、補助タンクがあり、そこに1リットルほどのガソリンをいつも入れておいて、寒い冬などにはガソリンを先に注入してしてエンジンをかけないと、エタノールだけではエンジンがかかりませんでした。治安の悪い地区で車を止めると、早く出発したいのにエンジンがかからなかったりして、オドオドする時もありました。


ガソリンに代わるエネルギーとして、サトウキビを発酵させて作るバイオエタノールをブラジルは70年後半から拡大してきました。
ブラジルで初めてバイオエタノール車が生産されたのは1978年です。Ford 社の車と聞いてます。バイオエタノール燃料はCO2の排出がゼロになるということなので、地球温暖化対策としても評価されています。しかし、1980年代後半には原油価格の下落や砂糖価格が上昇し、燃料用アルコールの供給不足が発生してバイオエタノール車が一時減りました。ガソリン価格の値上げや値下がり、エタノールが減ったりなどと言うトラブルを解決するかのように、2003年からはFlex (フレックス)燃料車と言って、ガソリンでもエタノールでも走れる車を生産しました。一つのタンクにどちらを入れても良いのです。第一号車はVolkswagenのGol でした。2018年ではブラジルで走る自動車全体の67,1%がフレックス車、22,2%がガソリン車で、 10%がディーゼル車になりました。フレックス燃料車の利点は、消費者がガソリンとエタノールの値段を比べ、給油する度にどちらかを選べることです。値段を比べる時に使う簡単な計算があります。エタノールを選ぶにあたって、その価格がガソリンの価格の70%以下であることだそうです。


(6月1日 US 1ドル=R$5,15)

実はブラジルのガソリンスタンドで売られているガソリンには政府の定めで無水エタノールが20~24%混合されてます。100%ガソリンは販売されていません。ガソリンも3種類あり、レギュラーガソリ(オクタン価87)、添加剤入りガソリン、ガソリンPodium (オクタン価97)があります。


先日ガソリンスタンドの前を通ったら、「医療専門家にはエタノール以外は給油10%割引。あなたたちに感謝します。」と書いてある看板が置いてありました。コロナ最前線に立つ医療専門家への感謝の気持ちですね。ブラジル人らしいと思いますが、きっと他の国でも色んな形で感謝を示している事でしょう。

特派員

  • 皆木サンドラ 奈美
  • 年齢辰(たつ)
  • 性別女性
  • 職業語学教師、ペーパートールクラフター

ブラジル生まれのブラジル育ち。大学卒業後、夫の仕事の関係で3年間滞在したシンガポールにおいて習得したペーパートール(=シャドーボックス)や語学を教えています。多国の文化や習慣を上手に混在させているサンパウロでの生活がとても気に入っています。

皆木サンドラ 奈美の記事一覧を見る

最新記事

リポーター

最新記事

PAGE TOP