【1月27日更新】営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

  • 2022.05.02
  • 最新の支払い方法PIX
考えてみれば、私が社会人になってから数十年で店での支払い方法が変わり、随分と便利になったと思います。ブラジルでは80年代前半までは現金または小切手での支払いをしてました。現金をたくさん持っていると、盗難にあう恐れがあるのでいつも小切手を数枚持ってました。そういえば、外国人にポルトガル語を教える教材にも小切手の書き方の説明がありました。現在では小切手帳は引き出しの中で眠ってますが、まだ使用できます。ブラジルで初めてクレジットカードが誕生したのは1968年だそうですが、幅広く使用されるようになったのは、80、90年代です。支払い期限をきちんと守らない者には高い利子がついて頭が痛いですが、分割ができるし、ポイントなども付き、旅行先でも簡単に使用できて本当に便利なクレジットカードです。インターネット・バンキングやQRコードと安全でよりスピーディーな支払い方法が他にも現れました。


そして、2020年11月16日に中央銀行が開発したPIXが登場しました。PIXのシステムはスマートフォンなどによる、振り込みや支払いを即時に行われ、24時間365日できるのです。その上、個人利用だと手数料がとられなく、企業の場合は手数料はかかるが低いようです。銀行などのアプリに登録し、Chave PIX (ピックス・キー)をID番号、携帯番号、またはメールアドレスの中から選びます。ピックス・キーを相手に伝えるだけで、振り込んでもらえます。銀行名、支店番号、口座番号などの情報を伝える必要がないので安全であり、早いです。現金をATM だけではなくより多くの小売店などでも引き出せるよう、PIX にも現金引き出しサービスがあります。
私の周りでも、ガレージセールの代金、サービス業への支払い、お友達に買い物の頼みをした時の支払いなど、PIX を利用する人が多くなりました。数秒で取引が成立するので、びっくりです。


しかし新しい物には悪知恵を働く者が必ずいるのが残念です。
ブラジルでは昔からすり、盗難事件、人質事件など、恐ろしい事件が起こってます。銀行で現金を引き出すのは要注意。狙われて盗まれることもあります。偽札もあります。小切手は安全だと思って使っていると、偽造される。クレジットカードも安心して使っていたら、偽造されたり、インターネットでの買い物で番号がわかり不正使用されたりのトラブルが発生します。今回のPIXは安心かと思えば、携帯の盗難事件が増え、その理由はアプリのPIX を使用して振り込みをするためだとか。一時はほぼ聞かなかった人質事件も最近は増え、PIXでの振り込みを要求するためらしい。
中央銀行はPIX が原因で発生した多くの事件の防犯対策として、2021年10月より、午後8時から翌日の午前6時まではR$1,000(約US$215)までしか振り込みができないことに決定しました。
随分と便利になったものの、これからも更に安全でスピーディーなシステムが出てくるのでしょうね。楽しみのような、自分がついていけるか不安のような。

特派員

  • 皆木サンドラ 奈美
  • 年齢辰(たつ)
  • 性別女性
  • 職業語学教師、ペーパートールクラフター

ブラジル生まれのブラジル育ち。大学卒業後、夫の仕事の関係で3年間滞在したシンガポールにおいて習得したペーパートール(=シャドーボックス)や語学を教えています。多国の文化や習慣を上手に混在させているサンパウロでの生活がとても気に入っています。

皆木サンドラ 奈美の記事一覧を見る

最新記事

リポーター

最新記事

PAGE TOP