ウイルスよりも怖いもの|太田めぐみ|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
一部店舗・施設で営業時間を変更しております。

  • 2020.07.27
  • ウイルスよりも怖いもの
世間が新型コロナウイルス感染症で騒ぎ出した時、「なんか、争いごとにならないといいけどな。」と漠然と考えていた。

得体の知れないウイルスにかかるのは恐ろしい。
でも、ウイルスよりももっと怖いものがある。以前にも書いたが、それは、私たちの心の奥にある「恐怖」だと思う。

我々は、情報の溢れた世界に住んでいる。誰でもSNSなどで情報を発信できる時代にある。
目の前の情報が本当に正しいのか見極めず、また情報源の確認をせず情報はどんどん広まっていく。悪いニュースと間違った情報によって膨れ上がった恐怖が人間を乗っ取って、デマと憎悪を拡散し、人を差別し攻撃するようになるのではないでしょうか。

今ポルトガルでは、コロナウイルス感染者の増加に伴い、7月1日から事態の深刻度に応じ,市民保護法に基づく宣言を地域毎に発動する旨決定しました(市民保護法では深刻度の低い順に「警戒事態」,「緊急事態」及び「災害事態」の3段階のレベルが設けられています)。
対象地域を確認すると、低所得地域、移民、外国からの出稼ぎ労働者が多い地域に集中しています。
私の住むマフラ市では、コロナウイルス感染者が出始めた当初、その多くがブラジル人でした。理由や彼らの背景を理解せずに結果だけに注目してしまうと、「ブラジル人=コロナ」のような、大きな誤解を招かざるえません。
実はロックダウン前のリスボンでは、日本人の友人たちがレストランでお客に嫌な顔をされたり、ショッピングセンターですれ違いざまに、子供を脇に寄せ、自分のコートで覆って守る人がいたそうです。
アジア人は見た目で判断しやすいので、さぞかし避けるのも楽でしょうね。

ロックダウン中の出来事ですが、スーパーに行くと、シリコン手袋、マスク、割烹着姿の完全防御の女性Aがいました。その女性Aは、ショッピングカートをうまく操作できず、小さな植物の種が並ぶダンボールの棚にぶつかり、その衝動で種の袋が棚と一緒に倒れ、辺りに散らばりました。女性Aの数十センチのところに別の女性Bが「店員を呼びましょう」と女性Aに声をかけましたが、女性Aはパニックになっているので、すかさず種の袋をかき集め、拾い始めたのです。
2人の女性のすぐ近くに立っていた私は、その時どうしようかと悩んだのです。普段なら、直ぐに一緒に拾ってあげたでしょう。でも、完全防御の女性Aの隣に、マスクもしていない私が寄り添ったら、不愉快がられると不安がよぎったのです。しかも、私、アジアン。
女性Bはというと、親切に一緒に拾ってあげていました。
私は、この時一体何をすべきだったのか、非常に複雑な気持ちになり、その夜は良く寝付けなかったのは、いうまでもありません。

これからは、人への親切、優しさを示す方法が180度変わるでしょう。それでも無関心でいるのが普通になって欲しくない。悲しい友がいたら、やはり抱きしめてあげたい。
そのためには、やはり、流れてくる情報をなんでも信じてしまうのではなく、(コロナの事で言えば)感染を広げないために、自分がすべきことは何かを良く考えて、責任を持った行動をするのが大事なのだと思います。

特派員

  • 太田めぐみ
  • 年齢丑( うし )
  • 性別女性
  • 職業修復士、通訳、コーディネーター/Insitu(修復)、Kaminari-sama、ノバジカ、他

ポルトガル在住の保存修復士。主に、絵画(壁画)や金箔装飾を専門にし、ユネスコ世界遺産建築物や大統領邸の内部を手がける。シルバーコースト近くの村で、地域に根付いた田舎暮らしを満喫している。趣味は、土いじり。

太田めぐみの記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP