サッカー選手になる素質|太田めぐみ|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて
一部店舗・施設で営業時間を変更しております。

  • 2020.10.19
  • サッカー選手になる素質
サッカーがポルトガルの国民的スポーツであるのは、間違いありません。
ポルトガル(ヨーロッパ)の男性が、我が子がサッカー選手になることを自分の夢のごとく想像するのは良くある事で、うちも私が男の子を身ごもった時、主人はまだ生まれてもいない息子のサッカー人生を計画し始めていました。
息子が生まれたのは、主人が応援するクラブがチャンピオンズリーグで優勝を果たした年。なんと縁起が良いんだ!と大喜びしたのは、言うまでもありません。

息子は小学校に上がる頃、この国のほとんどの男の子がするように、近くのサッカークラブに通うことになり、主人は頑張って週二回の練習に連れて行きました。なかなか帰ってこないと思えば、自分も中学生の選手と一緒になってサッカーをやってたいり、コーチが別チームの試合で忙しい時は自ら代わりのコーチをしていたほどの気合いでした。
週末になると、試合に連れて行くのも主人の役目。息子が試合に出ている時は、大声を張り上げます。
不思議な事に、ポルトガル人お父さんは、あまり騒がないのです。争い事を好まない国民性でしょうか、息子の活躍にもじっと観客席から見守ります。
ちなみに主人はスペイン人なのですが、彼が息子に対して怒鳴りまくると目立って仕方ありません。主人の他にもう一人、同じように熱いお父さんがいました。その人はアルゼンチン人です。
田舎のちびっこチーム同士の試合で、この二人のお父さんがスペイン語で騒ぎまくる様子は、異様なものでした。

しかし、しばらくしてこのお父さんたちの夢は崩れる事になります。アルゼンチンの子はサッカークラブを辞めストリート系のスポーツを始めました。そして、我が息子も・・・と言うよりも主人の方が息子の様子を見ていて諦めたのです。
息子は体が小さく、シュート力はないものの、ミッドフィールドで、すばしっこい走り、ドリブルを披露し、ゴール近くの仲間にパスするのが得意でした。ですが、性格が優しすぎて、相手チームの子からボールを奪うのに躊躇してしまうのです。ましてや、相手や仲間を試合中に誤って蹴り、傷つけるのを恐れます。


さて、娘の女友達は、ポルトガルの名門サッカークラブに所属しています。
小さい時からクラスの男子よりもサッカーが上手く、才能を発揮していました。必ずサッカーボール、ゴールキーパーがつけるグローブを持っていました。そしてお誕生会で集まっても、ずっと男子と混じってサッカーをしていました。10代になる前、スカウトされ、リスボンにある名門クラブで週5回の練習に参加する事になりました。5時半くらいに学校を終えた後、リスボンでトレーニングです。学校の宿題をやるのは夜10時頃になります。10代初めの女子にはハードな生活でも、彼女はそれが楽しいと思えるほど、サッカーが好きなのです。
彼女が小さい時、母親が唯一「お願いだから辞めて欲しい」と注意した事があると言いました。それは、ベッドでサッカーボールを抱いて寝ないで、と言う事だったそうです。彼女にとって、サッカーボールはきっとどんな人形よりも愛おしく、またそこまでサッカーを好きでなければ、プロのレベルには到達できないのだと私は感じました。
彼女は11、12歳の時、アンダー14のチームに加わり試合に出るほどになり、現在はアンダー16のチームで活躍しています。
一昨年はドイツの有名クラブからお誘いがあり、去年はスペインの名門クラブからも話があったそうですが、結局彼女はこの地に残りました。
「家族とも友達とも離れたくない。今いる大好きなクラブで一生プレーするの。」
13歳の彼女は、白くて大きな歯を見せて笑いながらそう話すのです。

特派員

  • 太田めぐみ
  • 年齢丑( うし )
  • 性別女性
  • 職業修復士、通訳、コーディネーター/Insitu(修復)、Kaminari-sama、ノバジカ、他

ポルトガル在住の保存修復士。主に、絵画(壁画)や金箔装飾を専門にし、ユネスコ世界遺産建築物や大統領邸の内部を手がける。シルバーコースト近くの村で、地域に根付いた田舎暮らしを満喫している。趣味は、土いじり。

太田めぐみの記事一覧を見る

What's New

  • 2020.11.24
  • 死者の日
  • メキシコシティー( メキシコ合衆国 )

REPORTER

What's New

  • 2020.11.24
  • 死者の日
  • メキシコシティー( メキシコ合衆国 )

PAGE TOP