• 2022.06.10
  • ボンネル山―コロラド川を見下ろす絶景スポット
ボンネル山はテキサスで最も来訪者の多い公園のひとつで、オースティンの繁華街から30分足らずで訪れることができます。眺めの素晴らしさで知られるこの公園はオースティン最古の観光スポットで、その歴史は1800年代にまでさかのぼります。
標高は市内で最も高い770フィート(約235m)を誇りますが、頂上まで急な坂道を歩く必要もないので、地元の人や旅行者、サイクリスト、家族連れや恋人たちに大人気のスポットです。


日の出や日の入り、星空を眺めるため、あるいは時刻を問わずふらりと立ち寄ってここでしか味わえないパノラマビューを楽しむために、毎日何百人もの人がこの公園を訪れています。
公園にやってきて景色を眺めるだけなら、一時間もあれば十分でしょう。でも他にもお楽しみを求めたいなら、周辺には遊歩道がたくさんあるのでここで何時間でも過ごすことができますよ。
実際、たくさんの人が運動や瞑想、ヨガ、ピクニック、写真撮影をするためにこの公園に足を運んでいます。
ボンネル山の頂上にある公園は、正式にはこの土地の一部を寄付したフランク・コバート氏にちなんで「コバート・パーク」と名付けられていますが、地元の人がこの名前を使うことはほとんどなく、「ボンネル山」と呼ばれています。こちらは、19世紀に初めてこの地を訪れ、日記にしたためたジョージ・W・ボンネルに敬意を表して名付けられました。ボンネル氏はテキサス共和国の長官を務め、後にテキサスの新聞社の編集者となった人物です。彼が生きた時代から長い時間が経過しましたが、コロラド川の眺め以外にも数々の魅力を持つこの場所は今も人々に愛されています。
ボンネル山の頂上に立つと、オースティン湖を擁するコロラド川に沿って広がる美しい自然が目に入ってきます。西側には丘陵地帯のテキサス・ヒル・カントリー、頂上の一番高い場所から南東を望むとダウンタウンの街並みを見ることもできます。
天気の良い日に遠方に目を向けると、このエリアの生活を象徴する川沿いの瀟洒な邸宅や電波塔、そしてはるか遠くにはかの有名なペニーバッカー・ブリッジを見渡すことができます。
この景色は一年を通して楽しめますが、春と夏には木々の緑がより鮮やかになります。私は2か月ほど前にオースティンに越してきましたが、ちょうど新緑が一番きれいな時期でしたので、素晴らしい眺めを堪能しました。
緑が美しいテキサスですが、春にアレルギー体質の人が山中の遊歩道を歩くと、症状を誘発する可能性がある、ということを知りました。
公園内の遊歩道は雑草や原生する花々、イネ科の植物が生い茂っているので、アレルギー体質の人が春にこの場所を訪れると苦しむ羽目になるのです。
オースティンの夏、特に7月や8月には気温が華氏100℃(摂氏37.8℃)を超えることもあるようですが、暑いからと言ってこの公園への訪問を諦める手はありません。
短い距離とはいえ、100段を超える階段を上って頂上まで行くとなると、よほど体調が万全でない限り心臓がバクバクすることは間違いありませんけどね。
メインコース沿いにある小径を進むことも可能ですが、公認された道ではないので何かあっても自己責任となることをお忘れなく。同様に、崖の下の景色を眺める時は転落防止柵が設置されていないので十分に注意を払いましょう。子ども連れで訪れる際はなおさら用心してください。

特派員

  • パトリック・ サッコ
  • 職業エリオット・コンサルティング社エンジニア

こんにちは! 私はパトリックと言います。イタリアからスコットランドへ移住し、2022年4月にアメリカのテキサス州オースティンに引っ越してきました。
仕事は土木技師、趣味は詩を書くことです。時間のあるときはドライブをして新しい場所を発見するのが好きです。
アウトドアが大好きで、キャンプやハイキングにもよく行きます。
この新たな土地でたくさんの友達をつくって、みなさんにもこの街のことを知ってもらえればと思います。

パトリック・ サッコの記事一覧を見る

リポーター

PAGE TOP