霧と共に出てくるモノなーんだ?|三上 由里子|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

  • 2017.11.16
  • 霧と共に出てくるモノなーんだ?
今年のミラノの秋は、例年になく温暖な気候で実に心地よい日が続いています。それでも冬に向けてミラノに霧が発生する日がこれから増えてくるのでしょう。近年はヒートアイランド化の影響で霧は郊外止まりなのですが、とても霧が濃い日にはミラノの町中も霧に包まれます。そんな日に妙に納得してしまうものがミラノに出没します。さて、それは何でしょう。信じられないくらい長いイタリアの夏休み中にも、出没します。最近は激増中。


私がミラノに移住した当初、イタリア人がパーキング後に車からラジカセをはずしていく光景を見て車のラジカセというものが世の中では盗難の対象であることを初めて知りました。同時に、万歳、平和大国ニッポン!と思いました。そうなのです。イタリアは窃盗に溢れているのです。混雑したバスや電車の中でのスリから、路上駐車の車の盗難、挙げ句の果てには女性の心まで盗んでしまう粋な盗人まで、盗みのバリエーションに溢れる国。


霧が濃い日には、空き巣専門の盗人達には好条件です。3ヶ月間ミラノを留守にするミラネーゼ達の夏休み中も、空き巣達の稼ぎ時です。今年の夏には、知り合いが住むマンション中の14軒の家が一気に空き巣に入られてしまいました。


めでたい結婚式も実は盗難において重要なイベントだということを知りました。ジプシー達の結婚式では、親戚が集まってから「皆で一働きしてくるか!」とお祭りの延長上、全員で盗みに出かけるとか。もしかしたら引き出物を調達する彼らのやり方なのかもしれません、、、
ところでジプシーが空き巣に入ると、高価な物であっても銀の物は盗まないとか。厄難の元だと言われているからだそうです。


一方、用意周到な盗人は一般市民の結婚事情を事前に調べておくそうです。なぜだかわかりますか?結婚式を挙げたカップルの家には、新品で高価な引き出物が沢山おいてあるからです。泥棒達のマーケティングも徹底調査に基づいて深く追求してあるものなのですね!

30、40年前くらいにイタリアに在住した日本人の方が、留守にする時には現金をいくらかテーブルの上に置いて行くのだという話を聞いた記憶があります。空き巣が入ったら、室内を乱雑にされないようにするために「こちらの現金で宜しく」ということらしいです。現代の犯罪事情と比べるとなんだか微笑ましい話で、盗人と被害者の関係において微妙なバランスが保たれていた時代だと思いませんか?

特派員

  • 三上 由里子
  • 年齢戌(いぬ)
  • 性別女性
  • 職業音楽家

チェリスト。ミラノを本拠地に、ソロコンサートアンサンブルの編成で演奏活動の傍ら、演劇、画像、舞踊やライブ演奏を組み合わせたマルチスタイルの舞台プロデュース。

三上 由里子の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP