待ちに待った桜祭り|デリクソン 律子|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

  • 2016.04.19
  • 待ちに待った桜祭り
30度近くある日や、雪のちらつく日を繰り返し、ようやく春らしい気候となってきました。
ワシントンDCと言えば桜、一年の中で最も賑わう「全米桜祭り」が開催されていました。

画像1
写真7
今年は3月20日から4月17日までの開催で、ウェブサイトにフェイスブック、ツイッターに専用アプリで毎日桜の開花状況や日替わりの開催イベントが確認できます。コンサートに凧揚げ、パレード、日本文化のショーなど毎日目白押しです。

画像2
写真8
今年は多くの学校が春休み期間である3月の第4週目、ちょうどイースターのある週末に桜が満開を迎えたので、いつもにも増して観桜客が多かったように感じます。日本から送られた約3,000本の桜がタイダルベイスンと呼ばれる入り江に沿って並木を作っており、食べ物の屋台にライブステージ、ギフトショップのテント等が軒を連ねています。アメリカでは屋外での飲酒は禁止されているので、桜の木の下で「どんちゃん騒ぎ」はできませんが、ランチを持参したり読書したり、椅子やレジャーシートを広げて思い思いにお花見する人たちであふれていました。

画像3
ギフトショップで販売されるTシャツやマグカップ、エコバッグなどは毎年デザインが変わるので、いいお土産になります。

画像4
画像5

「日米友好の壁画」と銘打って模造紙が貼られ、自由に絵が書き込めるスペースも用意してあり、大変賑わっていました。
いくら他の地域に比べると日本人が多い地域と言えど、日常生活の中で日本語を話す人達とすれ違うなんて事はツアー客の団体を除いてはほとんどありませんが、桜祭りに来ればあちこちから聞き慣れた言葉が聞こえてきて、満開の桜を見ながら懐かしい気持ちに浸れました。

写真6


特派員

  • デリクソン 律子
  • 年齢丑( うし )
  • 性別女性
  • 職業専業主婦

2012年に結婚を機にワシントンD.C.へ移住。夫の仕事の関係でその後すぐハワイ州オアフ島で暮らし、2015年ワシントンD.C.へ戻って来ました。2014年末に誕生した長男と柴犬の3人と1匹暮らし。

デリクソン 律子の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP