【本日の営業に関するお知らせ】
ナレッジキャピタルの各店舗および施設は通常どおり営業いたします。
なお、一部店舗・施設にて営業開始の遅れ等がある場合がございます。
また、今後の状況により、営業内容・時間を変更させていただく可能性がございます。予めご了承ください。

  • 2015.12.14
  • キノコ狩り
村の生活の魅力に目覚めたおかげで、私は最近、暇さえあればフォンテーヌブローの森で楽しめるアクティビティについて調べていました。少し前になりますが、乗馬をしようと森に出かけた今年の9月から、林床に生えているカラフルで繊細なフンギに目を付けていた私は、この週末、キノコ狩りというミッションに挑戦することにしました。

image002秋の日差しが照らし出す秘密の森


実際にやってみて分かったのですが、フォンテーヌブローは狩猟採集の場としてなかなか人気があり、冬の霜が降り始める直前の湿気が多いこの時期は、特にキノコ狩りには打ってつけの季節だったのです。さらに付け加えると、フランスの薬剤師、特に森を擁する地域の薬剤師は、食用のキノコと有毒なキノコを見分けるための訓練を受けており、収穫したものを近くの薬局に持参すればそれらをチェックしてもらえるので、人々は思う存分キノコを採集することができるのです。とは言いつつも、キノコが生えている場所など全く分からず、ましてやどのキノコを取ればいいかなんて見当もつかないことは自分でも承知していたので、同好の士によるグループを見つけてキノコ狩りに協力してもらうことにしました。

image004良き友の案内で森を歩く


湿度が高めの週末の朝、一緒に森へ出かけたのは、1人は森の地質学に精通し、1人はプロのキノコ案内人まであと一歩というメンバーを含む5人グループです。私たちは手に手にスイス・アーミーナイフを持ち、曲がりくねった森の道の途中でしばし立ち止まっては、手で触ってもよいキノコ、遠くから眺めるだけにとどめるべきキノコを教わりながら歩いて行きました。食べられるキノコを見極めるコツが分かってくると、車を降りてから歩いて来たわずかな距離にどれだけたくさんの食用キノコが生えていたかに気付き、みんなで大いに驚いたのでした。

002様々な種類の毒キノコ
001


ハイキングやボルダリングが目的の人々や、私たち以外のキノコ狩りの人たちとすれ違いながら森を散策したあとは、フォンテーヌブローの森の穏やかな眺めが楽しめる大きな岩場の頂上で昼食を囲みました。もちろんここはフランス流に、午後のひと休みのあるべきスタイルに従ってワインとバゲットが登場します。そのあと、美味しい手作りの塩キャラメルチョコレートのパイも振る舞われました。

image010頂上からの眺め


image012 美味しそうな手作りデザート―楽しいピクニックに欠かせない存在


美味しいキノコで溢れかえったバスケットを抱えて帰りの車に乗り込むと、私たちは当然ながら次の目的地である薬局へと向かいました。毒キノコに関してはどのような場合でも、イチかバチかの勝負には出ないことです!幸運なことに、私たちの収穫したキノコの大部分が食用でした。しかも、ただ食べられるだけでなく、美味しい種類だったのです。リゾット、目の粗いパン粉とパセリの衣を付けて揚げたフライ、スープなど好きな調理法で楽しむことができるのですから、キノコ狩りをする機会がある人は是非とも体験してみてほしいと思います。土から採ったたばかりのものを食べることができるのは愉快な気分だったし、一緒に行った博識な友達がいなければ、毒キノコが口に入るのを防ぐ術も分からなかったはずです。この森でまたどんな面白い経験ができるだろうかと、すでに楽しみでたまらない私です。

image014 林床に生える食用キノコ、ニセイロガワリ(学名Imleria badia)

特派員

  • サレナ・ アーリック
  • 年齢辰(たつ)
  • 性別女性
  • 職業MBA学生

私は常に移動している探検家です。これまで5大陸11か国に住み、その後、フランスのフォンテーヌブローにたどり着き、現在はMBAの取得を目指しています。 多様な文化を取り入れることに情熱を燃やし、新しい文化に対する好奇心は尽きることがありません。大阪と名古屋で暮らした経験もあり、片手にお好み焼き、もう一方の手にたい焼きを持って日本中を食べ歩きました。現在はフランス人から生活を楽しむ方法を学んでいます。

サレナ・ アーリックの記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP