アパレシーダの大聖堂|皆木サンドラ 奈美|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

  • 2016.03.01
  • アパレシーダの大聖堂
サンパウロの街を歩いていると、あちらこちらでカトリック教会を見かけます。1872年に全人口の99.7%がカトリック教信者でしたこの国も、2013年のデーターでは、その数値が64.6%に減少しています。しかし今でも世界で一番カトリック教信者が多い国です。

014_160226_1
014_160226_2

サンパウロ市から170km離れたアパレシーダ・ド・ノルテ(Aparecida do Norte)という町にアパレシーダの大聖堂があります。年間900万人もの人たちがこの大聖堂を訪れるそうです。総建物面積1万8千平方メートル。3万2千人を収容し、バチカンの聖ピエトロ大聖堂に次ぐ大きさだそうです。

アパレシーダの聖母像の由来は、1717年にパライバ・ド・スル(Paraiba do Sul)川で釣りをしていた3人の漁師の網に聖母像の胴がかかり、その後、頭がかかったとのこと。その聖母像を船に置いたのち、大量に魚が網にかかったそうです。家に持ち帰り、祭壇に祭ると家族や近所の人たちがお祈りするようになり、聖母像による奇跡は広がっていき、1745年にチャペルが建てられました。その後も信者の数は増え、1888年には、旧教会が建設されました。

アパレシーダの聖母(Nossa Senhora de Conceição Aparecida)は、「ブラジルの守護聖人」としてローマ教皇ピオ11世により1930年に公認されてます。10月12日はアパレシーダの日でブラジル国では祝日です。

014_160226_3
014_160226_4

大聖堂が出来上がったのは、20世紀後半で、ラテンアメリカで最も多くの信者が集まる場所とされてます。これまでに、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世、教皇ベネディクト16世と教皇フランシスコが同大聖堂を訪れてます。

014_160226_5
014_160226_6

  大聖堂の中央のドームは70メートルの高さがあり、建物はシンプルでがっしりとしています。大聖堂内は広々としていて、カトリック教会の強さみたいなものを感じます。旧教会は町の中心部にあり、バロック建築で大理石や木材を使ってます。11年かけての復元工事が2015年2月に終わり、とても美しくなってます。大聖堂と旧教会をつなげる392メートルの歩道橋があり、一番高いところで、地上から35メートルの高さです。お願いをしに、また願いを叶えてくれたお礼にと、その歩道橋を膝まついて歩く信者もいます。

014_160226_7
014_160226_8

014_160226_9
デウス(Deus)とはポルトガル語で神のことです。日常生活で誰もがよく使う表現があります。例えば、「また明日!」と言われれば、「シ デウス キゼール!」(Se Deus  quiser!)「神の意思であれば!」と答えます。自分の意思よりも神の意思の方が大きいことを表してます。「よかったですね」のコメントに グラサス・ア・デウス(Graças a Deus)「神のお蔭です。」と答えるなど。ブラジルでは、昔から神の存在は大きいようです。




特派員

  • 皆木サンドラ 奈美
  • 年齢辰(たつ)
  • 性別女性
  • 職業語学教師、ペーパートールクラフター

ブラジル生まれのブラジル育ち。大学卒業後、夫の仕事の関係で3年間滞在したシンガポールにおいて習得したペーパートール(=シャドーボックス)や語学を教えています。多国の文化や習慣を上手に混在させているサンパウロでの生活がとても気に入っています。

皆木サンドラ 奈美の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP