動物好きなブラジル人|皆木サンドラ 奈美|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

  • 2019.06.17
  • 動物好きなブラジル人
数年前からペットショップが増えていることに気が付き、街中でも年々犬の散歩をしている人が増えている事を感じてました。2018年のデーターでは、ブラジルはなんと世界第4位のペット大国で、ペットの総数は1億3200万匹を超えます。中でも犬が一番多くて5,220万匹、2位に鳥類で3,790万羽、そして3位に猫、2,210万匹です。やっぱり犬を飼っている人が多いのですね。ブラジルの家庭の44,3%には最低1匹の犬がいるということになります。2位は猫でなく、鳥類と言うのも驚きです。


そしてペットフード、ペットサービス、ペットケア、グッズ、ケージ、獣医など、ペット関連市場は拡大する一方です。


1985年にCobasiという名の店舗は動物のショッピングセンターのコンセプトでオープンし、現在ではサンパウロ市を中心に78店舗もあります。店の中は広々としていて、犬、猫、鳥、ウサギ、熱帯魚類など、動物の種類に分けられていて、それぞれのフードやグッズが並べられています。店に入ると真っ先に目に入るのが販売されている観葉植物と欄の花で、きれいな色と緑で気持ちも落ち着きます。自分のペットと一緒にゆっくり散歩するにも、ペットを飼っていない者でも販売されている鳥やモルモット、ウサギなどを見ることができ、楽しいです。


2002年にオープンした Petzという名のペットショップも今では50以上の店舗をもっています。ブラジルはペットグッズ販売量はアメリカ、イギリス、ドイツ、日本の次に並び、2021年にはドイツと日本を超えて世界3位になると予想されてます。
他のペットショップも色んなグッズを扱い、また、トリミングしている様子をカメラで見ることもできたりします。


このようにペット関連市場の拡大の背景にはペットが家族の一員であるという認識が高まっていることがあげられるそうです。単身世帯や高齢世帯では、ペットを安らぎを求めるパートナーとなっているとか。犬だけに限らず、より栄養が含まれている高級フード、洋服にアクセラリー、室内で飼っていると必要なトイレシートや消臭剤など、トリミングに、薬やワクチンなどと、リストは多い。また、このように大事にされているペットの寿命も延びたようです。
先日ショッピングセンター内の宝石店でペット用ペンダントを見つけました。可愛かったです。


ペットサービスも増えました。サンパウロ市で目にするのがウオーキングサービス。決まった時間に犬を迎えに来て散歩させてくれます。住宅街や公園でよくみかけます。


背丈の制限があるけれども、犬が入れるショッピングセンターも増えてきました。ペットと一緒にカフェに行ったり、旅行先で泊まれるホテルも増えてきました。ドライブ時には、ケージに入らなくても、ペット用シートベルトがあるそうです。 家族と一緒に行動できる範囲が多くなってきたのですね。
先日2週間程息子達の犬を預かって散歩していたのですが、犬と散歩をしていると、近所の人々が声をかけてくれます。「かわいいですね、何歳ですか」などとです。同じ時間帯に散歩している人とあいさつするようになったりと、犬と散歩をすると、近所の方とよりコミュニケーションがとれます。嬉しいことです。


うちにはオカメインコがいます。歌も歌ってくれて、いくつかの言葉も言えます。なついてくれていてとても可愛いです。
そうですね、いつの間にか家族の一員ですね。

特派員

  • 皆木サンドラ 奈美
  • 年齢辰(たつ)
  • 性別女性
  • 職業語学教師、ペーパートールクラフター

ブラジル生まれのブラジル育ち。大学卒業後、夫の仕事の関係で3年間滞在したシンガポールにおいて習得したペーパートール(=シャドーボックス)や語学を教えています。多国の文化や習慣を上手に混在させているサンパウロでの生活がとても気に入っています。

皆木サンドラ 奈美の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP