クリスマスに甘〜いEierlikör アイヤーリキュール|理夢|ナレッジワールドネットワーク|アクティビティ|ナレッジキャピタル

  • 2017.12.26
  • クリスマスに甘〜いEierlikör アイヤーリキュール
ドイツではなんと言ってもクリスマスは一年最後の一大イベント。
きらびやかなイルミネーションに包まれたクリスマスは人々の心を開放します。中でも暗闇に明かりを灯していくアドベント•スパイラルは幻想的でした。



クリスマスには、シュトレン(Stollen)、レープクーヘン、シュペクラティウス(Spekulatius)やクリスマスクッキーなど、甘いお菓子はかかせません。

そして中でも、寒い時期にとりわけ女性に人気がある甘いドリンクと言えば「アイヤーリキュール」。アイヤーリキュールとはEier(卵の複数形)とlikör(リキュール):主に卵黄、パウダーシュガー、コンデンスミルク、ラムからできており、カスタードクリームのようなとろっとした甘いお酒です。但し、甘くて飲みやすい上、アルコール度が20パーセントとかなり高いので飲み過ぎにはご注意ください。


今回は自宅で簡単に美味しくできる作り方をご紹介します。

アイヤーリキュールの作り方

卵黄 M6個
パウダーシュガー 250g
バニラビーンズ1房orバニラシュガー 1pc
コンデンスミルク(7.5%〜10%) 350ml
ホワイトラム 250ml

1. 卵黄、バニラビーンズ(またはバニラシュガー)、パウダーシュガーを入れ、ハンドミキサーでクリーミーになるまで撹拌させる。(3分間)
2. 1にコンデンスミルクを入れ、湯煎をしながらへらで混ぜる。続いてホワイトラムを入れながら、ゆっくりとろみをつけていく。(このとき、70度位を目安にする。80度を超えると凝固するので注意!)
3. 清潔な瓶に入れて蓋をする。
4. 冷めたら冷蔵庫で保管。(4週間ほど保存可能)

通常は冷たいままいただけますが、チョコレートとも相性が良いため、アイヤーリキュール入りのチョコレートや、小さなチョコレートのカップで飲むのも定番です。

カフェでは生クリームの代わりに、アイスやクレープにアイヤーリキュールをかけても美味しいので一年通して愛用されています。

それでも、寒い季節日本でも風邪の引き始めに卵酒が飲まれるように、このアイヤーリキュールを温めて飲むと身体が温まり、風邪予防に効果があるそうです。ですから、寒いクリスマスマーケットでは定番のグリューワインの他に、 Eierpunschアイヤープンシュというホットドリンクも甘党の人には人気があります。


Advent, Advent アドベント、アドベント
Advent, Advent, アドベント、アドベント
ein Lichtlein brennt! 一つの灯りさんがともっている!
Erst eins, dann zwei, dann drei, dann vier,
最初に一つ、そして二つ、そして三つ、そして四つ、
dann steht das Christkind vor der Tür!そうしたらクリスマスはもう目前!


クリスマスまでの4週連続日曜日、アドベントクランツに一本ずつロウソクを灯しながら、心も身体もホットにロマンティックなクリスマスが来るのを心待ちにしています。

特派員

  • 理夢
  • 年齢寅( とら )
  • 性別女性
  • 職業いけばな活動家

ドイツ在住7年目。海外で「和の心」を忘れず、「いけばな」と「着物」を中心に日本文化活動を行う。日本の美を広めるべく、また次世代にも継承していけるよう精進して参ります。

理夢の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP