【本日の営業に関するお知らせ】
ナレッジキャピタルの各店舗および施設は通常どおり営業いたします。
なお、一部店舗・施設にて営業開始の遅れ等がある場合がございます。
また、今後の状況により、営業内容・時間を変更させていただく可能性がございます。予めご了承ください。

  • 2015.06.19
  • 多文化カーニバル
5月25日(月曜日)はフィンクステンという祝日でした。これはイースターから50日目、キリスト昇天から10日目に聖霊が降臨した日を祝うものです。この長めの週末に、ベルリンではカーネバル・デア・クルトューレン(複数文化のカーニバル、以下“文化カーニバル”)というお祭りがありました。

写真6

文化カーニバルの歴史は浅く、96年に始まったものです。東西分断の古びた資料映像などを見ていると忘れがちですが、東西ドイツ統一はそれ程昔の事ではありません。89年に入っても、西ベルリンへの越境を試み射殺された若者がいました。新生ベルリンの建設、外国人の急増など、統一に伴う90年代の、複雑且つ劇的な変化は、新しいナショナリズムの台頭を齎しました。これに対抗して、文化の多様性の理解を促進するため、ベルリン市が助成したプロジェクトの一つが、文化カーニバルです。

ベルリンに居住登録している外国人は、トルコ人が突出して多く、次にポーランド人、そしてイタリア人と続きます。60年代に推進された移民労働者政策の関係から、2世3世などのトルコ系ドイツ人も多く、トルコ・コミュニティーは特に発達しています。そういった住み易さから、親戚を頼って新たに来るトルコ人も少なくありません。一方、隣国ポーランドとの国境は、ベルリンからだと70km程しかありませんが、物価や賃金はドイツよりも安い為に、特にEUやシェンゲン協定への加盟を経て、労働者が多くいます。イタリア人は、ここ数年、若年層やアーティストの増加が目立ちます。

写真1

このような出身国の割合構成を反映せず、文化カーニバルでは、本場ブラジルをはじめ、南米の存在感が圧倒的でした。国籍、種類や規模も様々な62団体が参加し、地下鉄4駅分の道のりを練り歩きました。手作り感あふれる装飾が施された軽トラックの荷台に、よく見ると参加者の手荷物を置いた、クラブ活動のようなグループもいれば、衣装も踊りも本格的、頭上の巨大な装飾にも笑顔がブレない、プロらしきチームもいました。荷台でバンドや太鼓を演奏するグループもありました。大きなスピーカーを積んだ軽トラックを先頭に、衣装を身につけた参加者が続き、その後ろには、気が向いた観客がパレードに参加していました。

ドイツ人は堅いイメージが強いと思いますが、お祭り事やレジャーでは割と本気を出します。オンとオフも手堅く切り替えるということかもしれません。あるいは、合理主義の代名詞のようなドイツ人ですから、合理的判断によって「同じ阿呆なら踊らなければ損である」という解を導き出しているのかもしれません。

IMG_0438

パレードは1日だけでしたが、終点近くの広場では4日間のお祭りがありました。ラテン、ベルリンバザール(バルカン・トルコ)、ファラフィーナ(汎アフリカ)、ユーラシアとざっくり4ステージに分けられ、素人からプロまで老若男女が様々な音楽を演奏する、小規模な野外フェスティバルのような感じです。他にも、アート、ストリートダンス、カポエイラ演武など、色々な催し物があり、食べ物から民族雑貨まで各種の露天も出ていて、大変な活気と混雑でした。


来訪者は4日間で150万人を超えたとのこと。ベルリンの人口が約346万人であると言えば、その盛り上がりぶりは伝わるでしょうか。

特派員

  • 渡辺 玲
  • 年齢申( さる )
  • 性別男性
  • 職業通訳、中華料理店店長代理

ベルリン自由大学の修士課程を卒業。専門分野は、映画理論、ドイツ新現象学、神経哲学。ベルリン在住13年目、住んでいると当たり前になってしまうベルリン生活を、皆さんへご紹介することで再発見していきたいと思っています。

渡辺 玲の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP