【1月27日更新】営業時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いについて

  • 2020.08.18
  • 救われたチーズの王様のお話
ミラノから南方約120キロにあるパルマの町。

パルマと言えば、サッカーファンにはお馴染みの町。中田選手のパルマへの移籍が、日本人のパルマへの関心が高まった時期だったことでしょう。が、パルマという町に興味を持つ理由にはサッカーだけでなく、パルマの生ハムやパルメザンチーズの存在があるからなのです。

ここで一つ注意。

日本でよく知られているパルメザンチーズは、アメリカ生まれのクラフト粉チーズ。粉チーズとして知られているけれど、それを素っけなく説明しますと粉ミルクに塩を加えただけの物。

なのでパルメザンではなくてイタリア風にパルミジャーノと言えば、何かと誤解を避けられるでしょうか。このパルミジャーノは、イタリア人の食卓には欠かせない大事なチーズの一つ。長い熟成期間がもたらすこのチーズの風味は、作りたてのお料理に削ったパルミジャーノをかけると、味に広がりが出るのです。

「削る」と書いたのには理由があって、粉チーズとしても販売はされていますが、こだわる人は切り売りケーキのような形で分けられて販売されるパルミジャーノの塊を冷蔵庫に常備していて、下ろし金を使ってパルミジャーノを削り、出来たてのお料理にまぶしかけます。


立食パーティーなどでは、重量感満点の40キロのパルミジャーノの硬い塊がそのまま登場し、丈夫で短い専用ナイフが突き立てられていて、存在感と迫力に溢れ格好いい。各自一口サイズに切り削ってサーブするようになっています。それをそのまま口に頬張るのが普通で、 じゃりじゃりした食感から豊かな味の広がりが楽しめるものです。熟成し水分が吹っ飛んだ後に結晶化したものが、ザラザラするのです。


余談ですが、私はパルマによく行っていた時期があったので、パルマと比較してミラノのスーパーには通常、パルミジャーノの熟成期間が比較的短いものが出回っているように思いました。イタリア人に聞いてみると「パルマの住民はパルミジャーノ通だからね、短期熟成のものには見向きもしないから、パルマでは売れないんだ。」

なるほど、、、

ところで、2012年にこのパルミジャーノ生産地であるエミリア ロマーニャ地方はマグニチュード5.9の地震に見舞われました。死者や負傷者を出した地震の被害が報道されたものでした。そして、パルミジャーノの生産工場も大打撃。


工場から「助けてほしい」と言われた一流シェフ、バルビエリ。彼は、エミリア ロマーニャ出身の星付きシェフ。被害にあった60万個にも上る 例の重量感満点のパルミジャーノをどうやったら救えるかと彼は散々考えあぐねた末、彼は他の星付きシェフに声をかけ、「オペラ座のシェフ」という企画を作りました。招待客を招いて劇場で4人のシェフはパルミジャーノのレシピを紹介し、パルミジャーノを使って腕をふるってのご馳走を披露。その収益金でパルミジャーノ生産工場は奇跡的に回復できたのでした。

特派員

  • 三上 由里子
  • 年齢戌(いぬ)
  • 性別女性
  • 職業音楽家

チェリスト。ミラノを本拠地に、ソロコンサートアンサンブルの編成で演奏活動の傍ら、演劇、画像、舞踊やライブ演奏を組み合わせたマルチスタイルの舞台プロデュース。

三上 由里子の記事一覧を見る

最新記事

リポーター

最新記事

PAGE TOP