【本日の営業に関するお知らせ】
ナレッジキャピタルの各店舗および施設は通常どおり営業いたします。
なお、一部店舗・施設にて営業開始の遅れ等がある場合がございます。
また、今後の状況により、営業内容・時間を変更させていただく可能性がございます。予めご了承ください。

  • 2016.04.19
  • 自然療法にもなるハーブティー
ハーブティーはドイツ語でKräutertee(クロイターティ)と呼ばれ、コーヒーや紅茶と同じように一般的に飲まれています。風邪を引いたときや、胃腸の調子が悪いときなどは、カモミールティーなどをゆっくり飲むだけで症状が解消されることから、ドイツ家庭の健康を支える自然療法のひとつと言えます。


Kamille(カモミール)

安眠・リラックス作用がある、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬ハーブとして親しまれています。(但し、キク科アレルギーを持つ人は注意)
健胃・発汗・消炎作用があり、風邪、頭痛のときや婦人病などにも用いられることもあります。


Fenchel(フェンネル)

フェンネルは甘い香りと苦みが特徴で、消化促進・消臭に効果があるとされ、ドイツでは赤ちゃんも生後2週間からフェンネルティーを飲むことができます。
またフェンネルは、香辛料、ハーブとして食用、薬用、化粧品などに古くから使われています。


Pfefferminze(ペパーミント)

ペパーミントは、西洋では古くから軽い病気の薬として、健胃、制吐、抗痙攣、発汗を促して体を冷やす、病後の回復などの目的で使われています。とりわけ、胆管、胃腸を落ち着かせ、殺菌化作用、抗ウイルスにも効果があるとされます。また、精油は偏頭痛、頭痛、神経痛にも効果があり、風邪の時の吸引にも効果があります。


Salbei(セージ)

セージは古くから薬効に富む薬草として有名です。特に殺菌力、消化促進、解熱、浄血、止汗作用に優れているので、風邪の時や喉が痛い時によく飲まれます。(妊娠中の女性は注意)
また肉の臭み消しとして料理にも使われ、ソーセージや加工食品の香辛料としても用いられています。


Thymian(タイム)

古代ギリシャではタイムは勇気を鼓舞するもの、また中世には悪夢を防ぎ安眠を助けるものとされたため、タイムティーは神経性の病気に効果があるという説があります。また、ぜんそくや気管支炎の痰切りにも良いとされています。
料理では肉類、スープ、シチューの香り付けにしばしば使われます。


Lindenblüte(リンデン花)

解毒作用や発汗作用があり、風邪の時に良く飲まれます。また神経をリラックスさせる効果があるため、夜寝る前に飲むのがお薦めです。


Weißdorn(山査子 さんざし)

心臓の働きを強化し、血行促進に効果があります。


Melisse(メリッサ、レモンバーム)

主な効能は神経をリラックスさせるため、心臓神経症、不眠症、焦燥、癇癪などに効果があるとされています。昔からハーブティーとしても広く飲まれ、慢性の気管支炎や熱、頭痛にも効くそうです。


症状別薬用ハーブティー

症状別に分かりやすい薬用ハーブティー。どんなハーブが入っているのか興味があったので、調べてみました。(これらの中には薬用効能があるため、12歳以上より飲用可能で、妊婦や授乳中は控えた方がよいそうです。5〜10分ほど蒸らしてから、ストレートまたは砂糖やハチミツを入れて飲用します。)

Photo 1
Photo 2

● 風邪のとき(Erkältungs Tee)
・ Weidenrinde(ヤナギの樹皮)
・ Lindenblüten(リンデン花)


● 咳、気管支炎(Husten- und Bronchial Tee)
・ Lindenblüten(リンデン花)
・ Anis(アニス)
・ Thymian(タイム)


● 喉、咽頭(Hals- und Rachen Tee)
・ Eibischblätter(ビロードアオイの花)
・ Eibischwurzel(ビロードアオイの根)
・ Süßholzwurzel(セイホクカンゾウ)
・ Anis(アニス)


● 胃腸(Magen- und Darm Tee)
・ Kamillenblüten(カモミール)
・ Pfefferminzblätter(ペパーミント)
・ Kümmel(キュンメル)


● 肝臓、胆嚢(Leber- und Galle Tee)
・ Pfefferminzblätter(ペパーミント)
・ Löwenzahn(タンポポ)
・ Javanische Gelbwurz(ウコン)
・ Schafgabenkraut(ノコギリソウ)


● 腎臓、膀胱炎(Nieren- und Blasen Tee)
・ Orthosiphonblätter(クミス・クチンの葉)
・ Hauhechelwurzel


● 脂肪の消化(Fettverdauungs Tee)
・Löwenzahn(タンポポ)


東洋医学には、自己の免疫力を強化することで、自然治癒力を伸ばす考えから「漢方」があります。西洋医学は、現代医学(人が人を治す物理的な治療)を想像しますが、ドイツには「ホメオパシー」という考え方もあります。この薬用ハーブティーは、長い歴史から受け継がれた経験、知恵に基づいた副作用のない安心な自然療法です。


特派員

  • 理夢
  • 年齢寅( とら )
  • 性別女性
  • 職業いけばな活動家

ドイツ在住5年目。海外で「和の心」を忘れず、「いけばな」と「着物」を中心に日本文化活動を行う。日本の美を広めるべく、また次世代にも継承していけるよう精進して参ります。

理夢の記事一覧を見る

What's New

REPORTER

What's New

PAGE TOP